電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-28 12:40
[ポスター講演]音響特徴量を用いた吹き出しテキストの生成の評価
松宮 翔サクティ サクリアニグラム ニュービッグ戸田智基中村 哲奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年の音声認識技術の発展によって自動字幕付与技術の拡充が進んでいる.しかし,従来の字幕付与では,音声をテキストに書き起こすのみでとどまり,コミュニケーションの分野において重要な役割を果たす感情の表現が欠如している.音声に内在する感情に合った形をもつ吹き出しを,字幕と合わせて付与することにより,テキストだけでは伝わらない感情も視聴者に伝えることができる吹き出し生成システムを提案する.その実現に向けて,吹き出しと感情の関係を明らかにし,音声に内在する感情に適した吹き出しを分類する手法の提案と評価を行う. 
(英) Expansion of technology to automatically generate subtitles has advanced due to development of speech recognition technology in recent years. However, conventional speech recognition only transcribes speech into text. On the other hand, other aspects of speech such as emotions play an important role,in communication, but there are not handled by traditional ASR. Therefore, we propose the generating of balloons system which can also convey the emotions which is not transmitted only in a text to a televiewer. We use two kinds of feature which acoustic features and linguistic features. And we perform the proposal and evaluation of a technique which classify balloons suitable for the emotion which is inherent in a sound.
キーワード (和) 音声 / 吹き出し / 分類 / 感情 / 音響的特徴量 / 言語的特徴量 / /  
(英) speech / text balloons / classification / emotion / acoustic features / linguistic features / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 452, SP2013-115, pp. 29-30, 2014年2月.
資料番号 SP2013-115 
発行日 2014-02-21 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2014-02-28 - 2014-02-28 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) The University of Tokushima 
テーマ(和) 時系列パターン認識,一般 
テーマ(英) Pattern recognition for time sequence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2014-02-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音響特徴量を用いた吹き出しテキストの生成の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of the generation of text balloon using the acoustic features 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声 / speech  
キーワード(2)(和/英) 吹き出し / text balloons  
キーワード(3)(和/英) 分類 / classification  
キーワード(4)(和/英) 感情 / emotion  
キーワード(5)(和/英) 音響的特徴量 / acoustic features  
キーワード(6)(和/英) 言語的特徴量 / linguistic features  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松宮 翔 / Sho Matsumiya / マツミヤ ショウ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) サクティ サクリアニ / Sakriani Sakti / サクティ サクリアニ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) グラム ニュービッグ / Graham Neubig / グラム ニュービッグ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 智基 / Tomoki Toda / トダ トモキ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-28 12:40:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2013-115 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.29-30 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SP-2014-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会