お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-28 13:50
[招待講演]非負値行列因子分解による時系列パターン処理
亀岡弘和東大/NTTSP2013-116
抄録 (和) 実世界にはパワースペクトル,画素値,頻度など,非負値で表されるデータが多い。このように非負値で表されたデータを有意な加法的な構成成分に分解することを目的とした多変量解析手法を非負値行列因子分解(non-negative matrix factorization: NMF)といい,近年音響信号処理分野をはじめ様々な分野で注目を集めている。本稿では,NMFの基本性質,アルゴリズムの導出方法,生成モデルとしての解釈,音響信号処理への応用とそのための拡張モデルについて解説する。 
(英) In this paper, I will give a brief introduction to a data analysis technique called non-negative matrix factorization (NMF), which has attracted a lot of attention in the field of audio signal processing in recent years. I will mention some basic properties of NMF, effects induced by the non-negative constraints, how to derive an iterative algorithm for NMF, and some attempts that have been made to apply NMF to audio processing problems.
キーワード (和) 時系列パターン処理 / 多変量解析 / 行列分解 / スパース性 / 補助関数法 / 音響信号処理 / /  
(英) Time series processing / Multivariate analysis / Matrix factorization / Sparsity / Auxiliary function method / Audio signal processing / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 452, SP2013-116, pp. 31-36, 2014年2月.
資料番号 SP2013-116 
発行日 2014-02-21 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2013-116

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2014-02-28 - 2014-02-28 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) The University of Tokushima 
テーマ(和) 時系列パターン認識,一般 
テーマ(英) Pattern recognition for time sequence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2014-02-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非負値行列因子分解による時系列パターン処理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-negative matrix factorization and its applications to time series processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時系列パターン処理 / Time series processing  
キーワード(2)(和/英) 多変量解析 / Multivariate analysis  
キーワード(3)(和/英) 行列分解 / Matrix factorization  
キーワード(4)(和/英) スパース性 / Sparsity  
キーワード(5)(和/英) 補助関数法 / Auxiliary function method  
キーワード(6)(和/英) 音響信号処理 / Audio signal processing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀岡 弘和 / Hirokazu Kameoka /
第1著者 所属(和/英) 東京大学/日本電信電話株式会社 (略称: 東大/NTT)
The University of Tokyo/Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: Univ. Tokyo/NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-28 13:50:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2013-116 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2014-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会