お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-21 13:55
開離アーク放電によるAg,AgSnO2接点表面の損傷形状の3次元的比較
長谷川 誠河村大地千歳科技大R2013-86 EMD2013-142 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2013-142
抄録 (和) アーク放電に伴う接点表面形状の変化(損傷形状の形成)の観察・評価は、接点現象の理解のために重要である。これまでにクレータや突起の成長過程を動作試験中に観察・評価するためのシステムの構築を進め、光切断法を用いた可動側陰極表面プロファイルの評価、ならびに対向する固定側陽極表面形状のCCDカメラによる観察が可能になり、さらに可動側陰極表面については、動作試験中の表面形状変化(クレータの成長)を光切断法データに基づいて3次元イメージとして描画することを試みた。今回は、直流誘導性負荷回路DC14V-2Aまたは3Aの計5万回の遮断試験を行ったAg接点対、AgSnO2接点対について、これらの評価手法に加えて顕微鏡観察による数値データの計測も実施して、開離アーク放電による接点表面の損傷形状を3次元的に評価・観察した。 
(英) Observation and evaluation of changes (damage growth) on contact surfaces caused by arc discharges are important for realizing better understandings of contact phenomena. For that purposes, an evaluation system enabling observation and evaluation of growth processes of a crater and/or a pip (damage shapes) during switching operations has been being constructed. Up to now, evaluation of a movable cathode surface profile by way of an optical cross-section method, as well as observation of the counterpart stationary anode surface by means of a CCD camera, has been realized. For the cathode surfaces, further observations and evaluations of temporal changes in the cathode surface conditions (a crater growth process) during switching operations were tried by drawing three-dimensional images of the movable cathode samples based on data obtained with the optical cross-section method. In this paper, Ag contact pairs and AgSnO2 contact pairs were operated to break a DC14V-2A or 3A load current in an inductive circuit, and damage shapes on their contact surfaces were three-dimensionally evaluated and compared with each other by those evaluation schemes as well as measurement of numerical data based on microscope evaluation.
キーワード (和) 光切断法 / 電気接点 / アーク放電 / 材料転移 / 消耗 / Ag接点 / AgSnO2接点 /  
(英) Optical cross-section method / Electrical contacts / Arc discharge / Material transfer / Eroion / Ag contacts / AgSnO2 contacts /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 438, EMD2013-142, pp. 13-18, 2014年2月.
資料番号 EMD2013-142 
発行日 2014-02-14 (R, EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2013-86 EMD2013-142 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2013-142

研究会情報
研究会 EMD R  
開催期間 2014-02-21 - 2014-02-21 
開催地(和) パナソニック「松心会館」 
開催地(英)  
テーマ(和) 機構デバイスの信頼性、信頼性一般 (共催:継電器・コンタクトテクノロジー研究会、IEEE CPMT JAPAN、IEEE Reliability Society Japan Chapter、 協賛:日本信頼性学会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2014-02-EMD-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 開離アーク放電によるAg,AgSnO2接点表面の損傷形状の3次元的比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Three-dimensional comparisons of damage shapes on Ag and AgSnO2 contact surfaces caused by break arc discharges 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光切断法 / Optical cross-section method  
キーワード(2)(和/英) 電気接点 / Electrical contacts  
キーワード(3)(和/英) アーク放電 / Arc discharge  
キーワード(4)(和/英) 材料転移 / Material transfer  
キーワード(5)(和/英) 消耗 / Eroion  
キーワード(6)(和/英) Ag接点 / Ag contacts  
キーワード(7)(和/英) AgSnO2接点 / AgSnO2 contacts  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 誠 / Makoto Hasegawa / ハセガワ マコト
第1著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Institute of Science and Technology (略称: Chitose Inst. of Science and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 大地 / Daichi Kawamura / カワムラ ダイチ
第2著者 所属(和/英) 千歳科学技術大学 (略称: 千歳科技大)
Chitose Institute of Science and Technology (略称: Chitose Inst. of Science and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-21 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-R2013-86,IEICE-EMD2013-142 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.437(R), no.438(EMD) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2014-02-14,IEICE-EMD-2014-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会