電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-20 10:55
無人航空機による耐遅延型メッセージ蓄積配信システムの飛行高度に関する一検討
小峯敏彦林 宜徳本間寛明樫木勘四郎渡辺伸吾KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 著者らは災害時に無人航空機(UAS)を用いて通信が断絶した遠方の孤立地域との通信を確立するシステムの提案を行っている.ユーザとUASとの通信手段としてWi-Fiの利用を検討しており,上空数百メートルを飛行するUASと,地上の無線環境が異なることが想定される.
そこで本稿では,地上と上空の無線環境の違いによるWi-Fi通信への影響を測定により明らかにし,コンピュータシミュレーションにより地上と上空の通信特性評価を行う.その結果,上空のUASは見通しを確保し易く,広いエリアの地上のWi-Fi機器からの信号を受けるため,上空において隠れ端末によるパケットの衝突が発生し,通信特性が大きく劣化することが分かった. 
(英) We propose the delay tolerant message delivery system using unmanned aircraft systems (UAS) that is capable to establish communications between surviving and isolated areas caused by the disaster. Wi-Fi is considered to be used for communications between user terminals and UAS. We assume that the wireless environment of the ground is different from that of UAS flying with an altitude of several hundred meters.
In this paper, we measure Wi-Fi performances affected by the difference between wireless environments of the ground and upper air and investigate communication characteristics of the ground and upper air by computer simulations. Results reveal that in order to let UAS easily receive signals of Wi-Fi devices located in a wide area, performance degrades significantly due to packet collisions caused by the hidden terminal in the upper air.
キーワード (和) UAS / 災害 / Wi-Fi / / / / /  
(英) UAS / Disaster / Wi-Fi / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 436, SAT2013-51, pp. 5-9, 2014年2月.
資料番号 SAT2013-51 
発行日 2014-02-13 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2014-02-20 - 2014-02-21 
開催地(和) ホテルかめ福(山口市) 
開催地(英) Hotel Kamefuku (Yamaguchi) 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite application and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2014-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無人航空機による耐遅延型メッセージ蓄積配信システムの飛行高度に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental Study on Flight Altitude for Delay Tolerant Message Delivery using Unmanned Aircraft Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UAS / UAS  
キーワード(2)(和/英) 災害 / Disaster  
キーワード(3)(和/英) Wi-Fi / Wi-Fi  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小峯 敏彦 / Toshihiko Komine / コミネ トシヒコ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 宜徳 / I-Te Lin / リン ギトク
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 寛明 / Hiroaki Homma / ホンマ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 伸吾 / Shingo Watanabe / ワタナベ シンゴ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-20 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2013-51 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.436 
ページ範囲 pp.5-9 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SAT-2014-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会