お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-20 15:20
アレー給電反射鏡アンテナを搭載した21GHz帯放送衛星の位相検出法の検討
長坂正史亀井 雅中澤 進田中祥次池田哲臣NHKSAT2013-55
抄録 (和) 8Kスーパーハイビジョンや立体テレビなどの提供に向けた大容量伝送が可能となる放送メディアとして,21GHz 帯衛星放送を検討している.21GHz帯衛星放送では降雨減衰が大きくなるため,衛星中継器にアレー給電反射鏡アンテナを搭載し,降雨減衰が生じている地域に高いアンテナ利得を形成する降雨減衰補償技術の研究開発を進めている.このアレー給電反射鏡アンテナでは,ビームフォーミングネットワークにより,アレー給電部の各素子の位相を制御することで放射パターンを変化させる.21GHz帯放送衛星において,アレー給電部の各素子の位相を適宜モニターすることを目的として,衛星中継器に位相検出機能を設けて,変調波から位相を検出する手法を検討した. 
(英) A 21-GHz band satellite broadcasting system is being studied as a means to achieve a large transmission capacity for delivering 8K (Super Hi-Vision), 3DTV, and other advanced forms of broadcasting. An array-fed reflector antenna is an effective means of exploiting limited resources because of its ability to control radiation patterns to shape high gain in rainfall area since the 21-GHz band suffers from severe fading due to rain. The radiation patterns of the array-fed reflector antenna are altered by controlling the phase; therefore, a phase detection of each element in the feed-array is important to realize the reconfigurable radiation pattern system. In this work, we studied the phase detection by applying modulated signals for the 21-GHz band broadcasting satellite system.
キーワード (和) 放送衛星 / 21GHz帯 / フェーズドアレーアンテナ / 位相検出 / / / /  
(英) Broadcasting Satellite / 21-GHz band / Phased Array Antenna / Phase Detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 436, SAT2013-55, pp. 29-34, 2014年2月.
資料番号 SAT2013-55 
発行日 2014-02-13 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2013-55

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2014-02-20 - 2014-02-21 
開催地(和) ホテルかめ福(山口市) 
開催地(英) Hotel Kamefuku (Yamaguchi) 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite application and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2014-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アレー給電反射鏡アンテナを搭載した21GHz帯放送衛星の位相検出法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Phase Detection of 21-GHz Band Broadcasting Satellite with Array-fed Reflector Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 放送衛星 / Broadcasting Satellite  
キーワード(2)(和/英) 21GHz帯 / 21-GHz band  
キーワード(3)(和/英) フェーズドアレーアンテナ / Phased Array Antenna  
キーワード(4)(和/英) 位相検出 / Phase Detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長坂 正史 / Masafumi Nagasaka / ナガサカ マサフミ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 雅 / Masashi Kamei / カメイ マサシ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 進 / Susumu Nakazawa / ナカザワ ススム
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-20 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2013-55 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.436 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2014-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会