お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-18 13:35
歩行者検出のための極座標表現に基づいたHOG特徴
堀川雄太松島宏典久留米高専ITS2013-65 IE2013-130
抄録 (和) 近年,交通事故の発生件数,事故による負傷者数は減少傾向にある.しかしながら,死亡者数・重傷者数の割合は歩行者が多くを占めているため,年単位における歩行者の死亡者数にあまり変化がない.そのため,死亡事故を減らすための自動車の安全運転支援システムの開発が活発に行われており,その一つとして歩行者検出の研究が盛んに行われている.本研究では,歩行者検出における極座標表現を用いた特徴量について検討を行ったので報告する. 
(英) Recently, the number of traffic accidents and injured people has been decreasing. However, the traffic-related pedestrian death rate in mode of transportation is increasing. Therefore, pedestrian recognition as safe driving support system has been studying. In this study, we discuss feature based polar coordinates as image feature in pedestrian detection.
キーワード (和) 歩行者検出 / パターン認識 / 極座標 / 画像特徴量 / / / /  
(英) pedestrian detection / pattern recognition / polar coordinates / image feature / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 433, ITS2013-65, pp. 357-362, 2014年2月.
資料番号 ITS2013-65 
発行日 2014-02-10 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2013-65 IE2013-130

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME  
開催期間 2014-02-17 - 2014-02-18 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,一般 
テーマ(英) ITS Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2014-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歩行者検出のための極座標表現に基づいたHOG特徴 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) HOG Feature based Polar Coordinates for Pedestrian Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者検出 / pedestrian detection  
キーワード(2)(和/英) パターン認識 / pattern recognition  
キーワード(3)(和/英) 極座標 / polar coordinates  
キーワード(4)(和/英) 画像特徴量 / image feature  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀川 雄太 / Yuta Horikawa / ホリカワ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National College of Technology (略称: KurumeNCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 宏典 / Kousuke Matsushima / マツシマ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National College of Technology (略称: KurumeNCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-18 13:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2013-65,IEICE-IE2013-130 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.433(ITS), no.434(IE) 
ページ範囲 pp.357-362 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2014-02-10,IEICE-IE-2014-02-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会