お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-18 09:20
道路診断解析における道路画像からのクラック抽出
許斐弘輝松島宏典寺尾慎寿江崎昇二久留米高専ITS2013-50 IE2013-115
抄録 (和) クラックは,道路が日々の温度変化に伴う収縮・膨張,過大な交通量による反復作用等により,発生する.クラックが更に悪化すると,道路本来の機能を保てずに,崩壊する可能性があるため,定期的に道路を診断し,損傷があった場合,適切な維持修繕を行う必要性がある.しかし,現在の道路診断は時間・費用の両面でコストがかかる.よって,道路診断方法を基準化し,自動化することが今後の重要な課題である.また,従来手法の結果より,影を含む道路画像が影を含まない道路画像と比べて,クラックの抽出率が低いことが分かっている.よって本論文では,影を含んだ道路損傷であるクラックを抽出する道路診断解析システムを提案する. 
(英) Crack detection is particularly important for safety and cost-effective
maintenance of road structures. However there are many difficulties in image-based crack detection for various reasons. In this paper, we propose the novel hybrid method using the homogeneous and percolation model.
キーワード (和) 道路診断解析 / 道路画像 / クラック / / / / /  
(英) Road diagnostic analysis / Road picture / Crack / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 433, ITS2013-50, pp. 117-122, 2014年2月.
資料番号 ITS2013-50 
発行日 2014-02-10 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2013-50 IE2013-115

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME  
開催期間 2014-02-17 - 2014-02-18 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,一般 
テーマ(英) ITS Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2014-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 道路診断解析における道路画像からのクラック抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Crack Extraction from the Road Picture in Road Diagnostic Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 道路診断解析 / Road diagnostic analysis  
キーワード(2)(和/英) 道路画像 / Road picture  
キーワード(3)(和/英) クラック / Crack  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 許斐 弘輝 / Kouki Konomi / コノミ コウキ
第1著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National Calleage of Technology (略称: KNCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 宏典 / Kousuke Matsushima / マツシマ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National Calleage of Technology (略称: KNCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺尾 慎寿 / Masatoshi Terao / テラオ マサトシ
第3著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National Calleage of Technology (略称: KNCT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 江崎 昇二 / Shoji Esaki / エサキ ショウジ
第4著者 所属(和/英) 久留米工業高等専門学校 (略称: 久留米高専)
Kurume National Calleage of Technology (略称: KNCT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-18 09:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2013-50,IEICE-IE2013-115 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.433(ITS), no.434(IE) 
ページ範囲 pp.117-122 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2014-02-10,IEICE-IE-2014-02-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会