お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-18 14:05
スペクトル拡散方式を用いた可視光車車間通信・測距統合システムの車載レーダとの融合に関する一検討
鈴木 旭 ジョン水井 潔関東学院大ITS2013-67 IE2013-132
抄録 (和) 本論文では,スペクトル拡散方式を用いた可視光車車間通信・測距統合システム(可視光ブーメラン方式)と既存の車載レーザレーダを組み合わせた,レーザレーダ可視光ブーメラン方式を提案しその評価を行う.本方式は,レーザレーダで測距を行うと同時にテールランプを用いて車車間通信及び測距を行うものである.また,スペクトル拡散としてはタイムホッピング方式使用する.シミュレーションの結果から,ある程度の干渉が加わっても,車車間通信と測距が可能であることが確認された.さらに本方式ではレーザレーダと可視光ブーメラン方式による二種類の測距結果が得られる.これらをうまく組み合わせることでより信頼性の高い車間距離測定が可能になると考えられる. 
(英) This paper proposes a novel method for highly reliable ranging and improved vehicle-to-vehicle communications. Our approach combines existing automotive laser radar with visible light boomerang systems in a Laser Radar Visible Light Boomerang System (LRVLBS). LRVLBS synchronously gauges distance with laser radar and Visual Light for ranging plus detailed vehicle-to-vehicle communication. To evaluate extraneous light source interference and distance-related signal attenuation, simulations were performed using a random mix of extraneous interference pulse. Results demonstrate our LRVLBS approach enables simultaneous distance feedback for increased ranging accuracy, and may provide detailed data over and above simple laser radar data enhancing vehicle-to-vehicle communications for ITS precision and safety.
キーワード (和) ITS / 車車間通信 / 測距 / 可視光通信 / スペクトル拡散 / / /  
(英) ITS / Vehicle-to-Vehicle Communication / Ranging / Visible Light Communication / Spread Spectrum / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 433, ITS2013-67, pp. 369-373, 2014年2月.
資料番号 ITS2013-67 
発行日 2014-02-10 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2013-67 IE2013-132

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME  
開催期間 2014-02-17 - 2014-02-18 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,一般 
テーマ(英) ITS Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2014-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトル拡散方式を用いた可視光車車間通信・測距統合システムの車載レーダとの融合に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Combining Visible Light Spread Spectrum Techniques in Vehicle-to-Vehicle Communication and Ranging Systems to Automotive Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Vehicle-to-Vehicle Communication  
キーワード(3)(和/英) 測距 / Ranging  
キーワード(4)(和/英) 可視光通信 / Visible Light Communication  
キーワード(5)(和/英) スペクトル拡散 / Spread Spectrum  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 旭 ジョン / Akira John Suzuki / スズキ アキラ ジョン
第1著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: Kanto Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水井 潔 / Kiyoshi Mizui / ミズイ キヨシ
第2著者 所属(和/英) 関東学院大学 (略称: 関東学院大)
Kanto Gakuin University (略称: Kanto Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-18 14:05:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2013-67,IEICE-IE2013-132 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.433(ITS), no.434(IE) 
ページ範囲 pp.369-373 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ITS-2014-02-10,IEICE-IE-2014-02-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会