お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-13 14:30
特徴点抽出戦略の改良による自然環境を対象としたPTAMMの位置推定能力の向上
前田佐嘉志井手翔大鶴田直之福岡大PRMU2013-134 CNR2013-42
抄録 (和) マーカーを必要としない拡張現実システムとして,PTAMM(parallel tracking and multiple mapping)というシステムがある.
PTAMMには,事前準備として特徴点をカメラ位置と対応付けて学習させておく機能と,実際の運用としてカメラ位置を推定する機能がある.
しかし,屋外では屋内に比べて誤推定が多いという問題があった.
その原因を調査した結果,屋外に多い草木などから良く似た特徴点が多数検出され,特徴点の誤対応が起こることが判明した.
そこで,特徴点が過度に多いときにはスムージングを行い,誤推定の少ない特徴点のみを検出する手法を提案した.
実験により,従来よりも正しい推定が行えることが確認された. 
(英) This paper presents the improving method of PTAMM.
PTAMM is a software which is an implementation of the method by G Klien and D Muarray.
PTAMM can display an argmented reality(AR) object.
But there is instability problem about camera position localization at PTAMM.
So, we propose a method which improves localization stability of PTAMM
by increasing feature points using smoothing.
キーワード (和) 拡張現実 / PTAMM / 特徴抽出 / / / / /  
(英) argmented reality / PTAMM / feature extraction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 431, PRMU2013-134, pp. 73-76, 2014年2月.
資料番号 PRMU2013-134 
発行日 2014-02-06 (PRMU, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2013-134 CNR2013-42

研究会情報
研究会 PRMU CNR  
開催期間 2014-02-13 - 2014-02-14 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英)  
テーマ(和) パターン認識・メディア理解の基礎と境界領域,環境・エネルギーの課題,ポスターセッション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-02-PRMU-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 特徴点抽出戦略の改良による自然環境を対象としたPTAMMの位置推定能力の向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Advancing Localization Ability of PTAMM at Natural Environment by Improving Feature Extraction Strategy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 拡張現実 / argmented reality  
キーワード(2)(和/英) PTAMM / PTAMM  
キーワード(3)(和/英) 特徴抽出 / feature extraction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 佐嘉志 / Sakashi Maeda / マエダ サカシ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 翔大 / Syota Ide / イデ ショウタ
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴田 直之 / Naoyuki Tsuruta / ツルタ ナオユキ
第3著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-13 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2013-134,IEICE-CNR2013-42 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.431(PRMU), no.432(CNR) 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PRMU-2014-02-06,IEICE-CNR-2014-02-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会