お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-02 12:35
The role of adults in the development of expressive mental state language -- emotional expressiveness and the use of mental state terms --
Hiromi TsujiOsaka Shoin Women's Univ.)・Chieko YamadaDoshisha Women's CollegeHCS2013-92
抄録 (和) われわれは,日常生活においてどの程度気持ちを表す言葉を用いているであろうか。幼児期の子どもが,どの心的状態語をどの程度耳にするのかを推定するために,成人女性を対象に気持ちを表す言葉の使用頻度について質問紙調査を実施した。成人女性の心的状態語の使用頻度を4歳から6歳児の心的状態語の獲得順序に照らし合わせ検討した。6歳齢までに獲得されている心的状態語は,そうでない語に比べて,成人女性においてより頻繁に使用されている結果が得られた。また,成人女性の心的状態語の言語使用頻度は,情動表現の個人差と関係し,情報表現の程度が高いほど,心的状態語の使用頻度が高い傾向にあることが示された. 
(英) How often do adults use mental state terms in their daily lives? Female adults were asked about their use of mental state terms, which are on the child mental state language lists, to examine the likelihood of children hearing these words. The frequency of the adults’ use of mental state terms was examined in relation to child expressive language data for 4-, 5-, and 6-year-old children. The terms most frequently used by the adults were mastered by children aged 6 significantly more than the less used terms. The adults’ use of mental state terms also related to their self-assessment of emotional expressiveness. These implications are discussed in relation to the development of child mental state language.
キーワード (和) 心的状態語 / 言語インプット / 情動表現 / 日本語 / / / /  
(英) Mental state language / Language input / Emotional expressiveness / Japanese language / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 426, HCS2013-92, pp. 127-132, 2014年2月.
資料番号 HCS2013-92 
発行日 2014-01-25 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード HCS2013-92

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-02-01 - 2014-02-02 
開催地(和) 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University (Korimoto Campus) 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-02-HCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The role of adults in the development of expressive mental state language 
サブタイトル(英) emotional expressiveness and the use of mental state terms 
キーワード(1)(和/英) 心的状態語 / Mental state language  
キーワード(2)(和/英) 言語インプット / Language input  
キーワード(3)(和/英) 情動表現 / Emotional expressiveness  
キーワード(4)(和/英) 日本語 / Japanese language  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 弘美 / Hiromi Tsuji / ツジ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 大阪樟蔭女子大学 (略称: 阪樟蔭女子大)
Osaka Shoin Women's University (略称: Osaka Shoin Women's Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 千枝子 / Chieko Yamada /
第2著者 所属(和/英) 同志社女子大学 (略称: 同志社女子大)
Doshisha Women's College of Liberal Arts (略称: Doshisha Women's College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-02 12:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2013-92 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.426 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-01-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会