お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-02 09:40
機能語や抽象語の意味表現とその獲得 ~ モジュール組換え演算に基づくモデル化の試み ~
岡 夏樹呉 霞神山 薫深田 智尾関基行京都工繊大HCS2013-87
抄録 (和) 機能語や抽象語は参照する具体物を持たない。これらの意味を計算機で表現し、ロボットに獲得させることを我々は目指している。本論文では、終助詞「よ」「ね」「か」、抽象名詞「色」「形」を例として、これらの意味をモジュールの組み合わせ方として表現する方法を提案し、さらに、人とのインタラクションを通してロボットにこれらの意味を獲得させる試みの途中成果を紹介する。 
(英) Function words and abstract words do not refer to concrete objects. The aim of this study is to represent the meaning of function words and abstract words in a computer and make a robot acquire the meaning of these words. Picking up sentence-final particles 'yo,' 'ne,' and 'ka' and abstract nouns 'color' and 'shape' as examples, this paper proposes a way to represent the meaning of these words as module combination. We are making an attempt to make a robot acquire the meaning of these words through human-robot interaction.
キーワード (和) 語意獲得 / 強化学習 / ヒューマンロボットインタラクション / 終助詞 / 抽象名詞 / / /  
(英) Word meaning acquisition / Reinforcement learning / Human-robot interaction / Sentence-final particle / Abstract noun / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 426, HCS2013-87, pp. 101-106, 2014年2月.
資料番号 HCS2013-87 
発行日 2014-01-25 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード HCS2013-87

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-02-01 - 2014-02-02 
開催地(和) 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University (Korimoto Campus) 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-02-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機能語や抽象語の意味表現とその獲得 
サブタイトル(和) モジュール組換え演算に基づくモデル化の試み 
タイトル(英) Representation and Acquisition of the Meaning of Function Words and Abstract Words 
サブタイトル(英) Computational Model With Dynamic Module Combination 
キーワード(1)(和/英) 語意獲得 / Word meaning acquisition  
キーワード(2)(和/英) 強化学習 / Reinforcement learning  
キーワード(3)(和/英) ヒューマンロボットインタラクション / Human-robot interaction  
キーワード(4)(和/英) 終助詞 / Sentence-final particle  
キーワード(5)(和/英) 抽象名詞 / Abstract noun  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 夏樹 / Natsuki Oka / オカ ナツキ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 霞 / Xia Wu /
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神山 薫 / Kaoru Kohyama / コウヤマ カオル
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 深田 智 / Chie Fukada / フカダ チエ
第4著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾関 基行 / Motoyuki Ozeki / オゼキ モトユキ
第5著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-02 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2013-87 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.426 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-01-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会