お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-02 10:40
エージェントの表情表出における間の適用と所有感表現への影響
古山卓弥吉田直人米澤朋子関西大HCS2013-90
抄録 (和) 人間は誰かとコミュニケーションを行うとき,表情などによって相手の感情を汲み取ることでやりとりを調整している.本研究では,エージェント自身が実世界のオブジェクトを所有しているかのような表現の可能性やそれによるエージェントの人間らしさの向上を追及している.これまでに我々は,オブジェクトの所有を示すようなエージェントのふるまいにおいて,エージェントの表情によって所有状況を間接的に示すことができる可能性を確認した.本稿では,エージェントの表情や,表情変化開始までの時間長(「間」),および表情変化の速度が与える影響に関して検討する. 
(英) As same as human-human communications, robots can express various modalities to show their internal states.We have focused on "ownership" to verify whether the robot can express instinctive possessions.In this paper, we investigate the effects of types, delay, and speed of facial expressions of a virtual agent on its ownership.
キーワード (和) コミュニケーション / エージェント / 表情 / 所有感 / / / /  
(英) communication / agent / expression / possession / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 426, HCS2013-90, pp. 117-121, 2014年2月.
資料番号 HCS2013-90 
発行日 2014-01-25 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード HCS2013-90

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-02-01 - 2014-02-02 
開催地(和) 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University (Korimoto Campus) 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-02-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エージェントの表情表出における間の適用と所有感表現への影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ownership Representation of Virtual Agent by Reactive Interval of Facial Expression from Events 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コミュニケーション / communication  
キーワード(2)(和/英) エージェント / agent  
キーワード(3)(和/英) 表情 / expression  
キーワード(4)(和/英) 所有感 / possession  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古山 卓弥 / Takuya Furuyama / フルヤマ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直人 / Naoto Yoshida / ヨシダ ナオト
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米澤 朋子 / Tomoko Yonezawa / ヨネザワ トモコ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-02 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2013-90 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.426 
ページ範囲 pp.117-121 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HCS-2014-01-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会