お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-02 15:35
ソーシャルメディアにおける情報発信者の意図しない拡散事例
飯塚重善神奈川大)・小松原明哲早大HCS2013-99
抄録 (和) 筆者らは,『ソーシャルメディアに関しては,``情報の受け手の,情報に対する信頼''は,従来の信頼できる発信源による``質''を備えた情報であるか否かに関わらず,その``量''の多さによって形成される信頼もある』という仮説を掲げ,
情報受信者の評価に着目した「発信源のクオリティと受け手のリテラシー」および情報量の多さが及ぼす情報の信頼性への影響に着目した「多量化による情報への信頼性」について解明することとした.
本稿では,最近多発している「炎上」の事例やそれらについて分析している文献等から,「炎上」について,その現象を見つめるとともに,「炎上」ではない,
発信者の意図に反した範囲にまで拡散されてしまった実例を挙げ,Twitter で発信された情報の想定外拡散について検討している. 
(英) It is thought that "reliability" peculiar to a cyberspace is built by the information on social media.
We started the research which clarifies its mechanisms about the characteristic social psychology on a cyberspace, and social action from a viewpoint of "reliability by much quantification."
This paper describes first "flaming" which has been occurring frequently recently.
Next, a diffusion case which is not "flaming" is shown, which is a case the user does not intent to diffuse so widely.
And based on these, the unexpected diffusion of information sent on Twitter is considered.
キーワード (和) ソーシャルメディア / 意図しない拡散 / 炎上 / / / / /  
(英) social media / unexpected diffusion / flaming / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 426, HCS2013-99, pp. 165-169, 2014年2月.
資料番号 HCS2013-99 
発行日 2014-01-25 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード HCS2013-99

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-02-01 - 2014-02-02 
開催地(和) 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University (Korimoto Campus) 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-02-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソーシャルメディアにおける情報発信者の意図しない拡散事例 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cases of Unexpected Diffusion in Social Media 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソーシャルメディア / social media  
キーワード(2)(和/英) 意図しない拡散 / unexpected diffusion  
キーワード(3)(和/英) 炎上 / flaming  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 重善 / Shigeyoshi Iizuka / イイヅカ シゲヨシ
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松原 明哲 / Akinori Komatsubara / コマツバラ アキノリ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-02 15:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2013-99 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.426 
ページ範囲 pp.165-169 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HCS-2014-01-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会