お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-01 11:00
第二言語としてのインドネシア語習得における関係節理解の難易
鈴木孝明青木友香大野里咲小野百合香曽我 瞳若杉祐加京都産大HCS2013-72
抄録 (和) インドネシア語を学ぶ日本語母語話者を対象として、主語関係節、目的語関係節、受け身関係節の理解に関する難易を調査した。時限付き絵画選択法による実験の結果、主語関係節と受け身関係節は目的語関係節よりも理解が容易であるが、主語関係節と受け身関係節の正解率には統計的な有意差がないことがわかった。これらの結果と誤り分析から、第二言語習得におけるインドネシア語関係節の理解には、主要部と空所の距離に関する統語的な要因(構造的距離)と主要部と関係節における意味役割の出現順序に関する要因(写像性)が存在することが確認された。 
(英) Focusing on subject relative clauses (SRs), object relative clauses (ORs), and passive relative clauses (PRs), this study investigated the second language (L2) acquisition of Indonesian by Japanese-speaking adults. By using a timed picture selection task, we found that the comprehension of SRs and PRs were easier than ORs, whereas there was no statistically significant difference between SRs and PRs. These results and our error analyses revealed that the L2 learners were affected by the syntactic factors rooted in the structural distance between the head and the gap, and by the perceptual and semantic factors that reflect the iconicity of language.
キーワード (和) 第二言語習得 / 関係節 / インドネシア語 / / / / /  
(英) second language acquisition / relative clauses / Indonesian / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 426, HCS2013-72, pp. 15-20, 2014年2月.
資料番号 HCS2013-72 
発行日 2014-01-25 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード HCS2013-72

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-02-01 - 2014-02-02 
開催地(和) 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University (Korimoto Campus) 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-02-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 第二言語としてのインドネシア語習得における関係節理解の難易 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Some difficulties in the comprehension of relative clauses in Indonesian as a second language 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 第二言語習得 / second language acquisition  
キーワード(2)(和/英) 関係節 / relative clauses  
キーワード(3)(和/英) インドネシア語 / Indonesian  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 孝明 / Takaaki Suzuki / スズキ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 友香 / Yuka Aoki / アオキ ユカ
第2著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 里咲 / Risa Ono / オオノ リサ
第3著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 百合香 / Yurika Ono / オノ ユリカ
第4著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽我 瞳 / Hitomi Soga / ソガ ヒトミ
第5著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 若杉 祐加 / Yuka Wakasugi / ワカスギ ユウカ
第6著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-01 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2013-72 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.426 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-01-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会