お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-31 10:00
キャンパスネットワークにおけるIPv4 Sunset手法に関する一検討
村田大輔大平健司垣内正年猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2013-75
抄録 (和) 本稿では,キャンパスネットワークにおけるIPv4 Sunsetを図るべく,現在の学内IPv4トラフィックパターンを分析した。その上で,キャンパスネットワーク全体をIPv6で構築し,NAT64/DNS64を用いてIPv4との通信をIPv6で通信する構成を検討した。IPv4が必要となった場合にはVPNを用いて,IPv4アドレスでの接続性を提供し,IPv4の利用を最低限に留めるIPv6ネットワークを一考した。 
(英) In this paper, in order to achieve IPv4 Sunset in campus network, we firstly analyze IPv4 traffic pattern of current state in this campus. In addition, we examined the structure of campus network built with IPv6, and IPv6 only connectivity was achieved by DHCPv6, NAT64 and DNS64. Also IPv4 connectivity through VPN was served as optional connectivity. We explain result of IPv6 network which keep to a minimum the use of IPv4.
キーワード (和) IPv6 / IPv4 Sunset / キャンパスネットワーク / / / / /  
(英) IPv6 / IPv4 Sunset / Campus network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 424, IA2013-75, pp. 43-48, 2014年1月.
資料番号 IA2013-75 
発行日 2014-01-23 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2013-75

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2014-01-30 - 2014-01-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) センサーネットワーク, IoT, M2M, 一般 
テーマ(英) Senser Network, IoT, M2M, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2014-01-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) キャンパスネットワークにおけるIPv4 Sunset手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on IPv4 Sunset technique in campus network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IPv6 / IPv6  
キーワード(2)(和/英) IPv4 Sunset / IPv4 Sunset  
キーワード(3)(和/英) キャンパスネットワーク / Campus network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 大輔 / Daisuke Murata / ムラタ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 健司 / Kenji Ohira / オオヒラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 垣内 正年 / Masatoshi Kakiuchi / カキウチ マサトシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪俣 敦夫 / Atsuo Inomata / イノマタ アツオ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤川 和利 / Kazutoshi Fujikawa / フジカワ カズトシ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-31 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2013-75 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2014-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会