電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-31 15:40
移動する障害物による通信品質の影響に対する協調伝送方式の高信頼・低遅延性評価
齋藤陽介井家上哲史明大
抄録 (和) 中継ノードを用いた協調伝送方式の,物理層での通信遅延評価方式を提案する.協調伝送方式は,長期的なパケット損失に対して,通信遅延を低減させる効果があるシステムである.しかし,協調伝送方式の通信遅延量を,物理層において評価する方法はあまり議論されてこなかった.本稿では,計算機シミュレーションを用いて,物理層での通信遅延評価方式と一般的な評価法であるパケット誤り率との結果の比較を行う. 
(英) This paper considers physical-layer-level delay evaluation method of cooperative transmission. The cooperative transmission reduces communication delay in long term packet loss environment due to moving obstacles. However, delay evaluation method at the physical layer has been rarely discussed. We compare the results of the PHY-level delay evaluation method and packet error rate.
キーワード (和) 協調伝送 / 高信頼 / 低遅延 / 物理層での遅延評価 / / / /  
(英) Cooperative Transmission / Reliable Wireless System / Low Latency / PHY-level-delay evaluation / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCC  
開催期間 2014-01-31 - 2014-01-31 
開催地(和) 情報通信研究機構 
開催地(英) National Institute of Information and Communications Technology 
テーマ(和) 通信方式、アクセス方式、制御理論、ネットワーク制御、セキュリティ、遠隔制御、制御応用、システム紹介、その他制御通信に関するすべてのトピックス 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2014-01-RRRC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動する障害物による通信品質の影響に対する協調伝送方式の高信頼・低遅延性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reliability and Latency of Cooperative Transmission System against the Effects of Communication Quality by the Moving Obstacle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調伝送 / Cooperative Transmission  
キーワード(2)(和/英) 高信頼 / Reliable Wireless System  
キーワード(3)(和/英) 低遅延 / Low Latency  
キーワード(4)(和/英) 物理層での遅延評価 / PHY-level-delay evaluation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 陽介 / Yosuke Saito / サイトウ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井家上 哲史 / Tetsushi Ikegami / イケガミ テツシ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-31 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCC 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会