お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-30 14:50
Webカメラによる交通量観測システムの開発と降雪時の観測結果の解析
鈴木拓哉山本 寛長岡技科大)・稲川雄一エヌ・シィ・ティ)・山崎克之長岡技科大IA2013-71
抄録 (和) 交通量情報を利用したいというニーズは広くあり、従来から固定カメラの映像やセンサによる交通量
観測が官公庁により行われているが、一般にはそのデータを利用することはできない。また、従来のシステムは大
型で高額であり、複数の地点に設置して広域エリアを観測し、その情報を統合して利用することは困難である。そ
こで本研究では、広域エリアの交通量を観測するために、安価なLinux ボードPC とweb カメラで構成された観測装
置から情報を収集するセンサーネットワークを開発する。また、収集した情報を解析して、観測対象である道路上
の車の台数を実用可能な精度で検出する手法を実現する。このシステムを実際の道路に設置し、天候(特に降雪)や
時間帯により交通量にどのような影響があるのか解析した結果を報告する。 
(英) Public agencies performe traffic observation by fixed cameras and sensors.
However, we cannot use these traffic observation data. Since the traffic observation system is so expensive, it is difficult to
develop the system in a wide area. In this study we propose the traffic observation system which uses Linux board PC,
web-cameras and an image processing.
Evaluation of the developed system has shown that the error of this system is 11.3% which is practical enough. We installed
this system in the road, and investigated influence caused by snows, etc, for a month, whose result is also reported in this
paper.
キーワード (和) 交通量観測 / 画像解析 / OpenCV / ラベリング / / / /  
(英) Traffic Observation / image analysis / OpenCV / Labeling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 424, IA2013-71, pp. 19-24, 2014年1月.
資料番号 IA2013-71 
発行日 2014-01-23 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2013-71

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2014-01-30 - 2014-01-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) センサーネットワーク, IoT, M2M, 一般 
テーマ(英) Senser Network, IoT, M2M, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2014-01-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Webカメラによる交通量観測システムの開発と降雪時の観測結果の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Traffic Observation System and its Outcome on Snowfall Conditions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 交通量観測 / Traffic Observation  
キーワード(2)(和/英) 画像解析 / image analysis  
キーワード(3)(和/英) OpenCV / OpenCV  
キーワード(4)(和/英) ラベリング / Labeling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 拓哉 / Takuya Suzuki / スズキ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 寛 / Hiroshi Yamamoto / ヤマモト ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲川 雄一 / Yuichi Inagawa /
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・シィ・ティ (略称: エヌ・シィ・ティ)
NCT Ltd. (略称: NCT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 克之 / Katsuyuki Yamazaki / ヤマザキ カツユキ
第4著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-30 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2013-71 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.424 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2014-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会