電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-28 11:15
BCH符号を用いた位相変調に基づく音楽電子透かしの音質評価
村田晴美中京大)・荻原昭夫近畿大)・上阪昌毅阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネットの普及に伴い,デジタルコンテンツの流通が増加している.デジタルコンテンツはコピーが容易で,コピーされたデジタルコンテンツは劣化しないといった特徴から不正配信されてしまうといった問題が生じている.この問題を解決する手法の一つとして電子透かしという技術が注目されている.音楽を対象とした電子透かし手法として,周波数マスキングを考慮することでMP3圧縮に対して耐性を有する位相変調に基づいた手法を提案している(以下,従来法と呼ぶ).しかし,従来法では種々の攻撃に対する耐性が充分とは言い難い.そこで,誤り訂正符号の一つであるBCH符号を用い,攻撃によって透かしが正しく抽出されなかった場合に対しても訂正能力を利用して透かしを正しく抽出できるような手法を提案している.本稿では,埋め込みを施した楽曲に対して様々な攻撃に対して耐性実験を行ない,さらにステゴ信号の音質を評価することで提案法の有効性を評価する. 
(英) Audio watermarking method is a method that embeds inaudible information into audio data. We have been proposing an audio watermarking method based on phase shift keying having tolerance to MP3 compression in consideration of frequency masking. However, it is hard to say that this conventional method has enough tolerance to various attacks. Hence, we have been proposing a high tolerated watermarking method using BCH code which is one of error correcting code. In this paper, we evaluate the effectiveness of this proposed method evaluating tolerance to various attacks and sound quality of stego data.
キーワード (和) 音楽電子透かし / 位相変調 / BCH符号 / / / / /  
(英) Audio Watermarking / Phase Shift Keying / BCH Code / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 415, EMM2013-97, pp. 51-56, 2014年1月.
資料番号 EMM2013-97 
発行日 2014-01-20 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2014-01-27 - 2014-01-28 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication 
テーマ(和) 臨場感生成,ユニバーサルメディア,ディジタルエンタテインメント,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2014-01-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BCH符号を用いた位相変調に基づく音楽電子透かしの音質評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Soud Quality Evaluation for Audio Watermarking Based on Phase Shift Keying Using BCH code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽電子透かし / Audio Watermarking  
キーワード(2)(和/英) 位相変調 / Phase Shift Keying  
キーワード(3)(和/英) BCH符号 / BCH Code  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 晴美 / Harumi Murata / ムラタ ハルミ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻原 昭夫 / Akio Ogihara / オギハラ アキオ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上阪 昌毅 / Masaki Uesaka / ウエサカ マサキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture Univeristy (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-28 11:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-97 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.415 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2014-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会