お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-28 15:00
[ポスター講演]Hybrid SSDのデータマネジメントアルゴリズム
小名木貴裕中大)・孫 超東大/中大)・竹内 健中大ICD2013-120 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2013-120
抄録 (和) PRAMやReRAMといったストレージ・クラス・メモリ(SCM)はNANDフラッシュメモリと比較するとアクセス速度や上書きが可能などの点で優位性がある。そのためSCMに比べ容量の点でより優れているMLC NANDフラッシュメモリを組み合わせたハイブリット構成が提案されている。そこでHybrid SCM/MLC NAND SSDの性能評価プラットフォームを用いて、SCMの書き込み速度を変化させた際のHybrid SSD全体の性能差や特徴の異なるディスクアクセスパターンを用いた際のHybrid SSDの性能への影響の評価を行った。また、Hybrid SCM/MLC NAND SSDにおけるデータマネジメントアルゴリズムの検討を行った。 
(英) Storage class memories (SCMs) such as PRAM and ReRAM are advantageous than NAND flash memory in performance and endurance. To improve the performance of the conventional Solid-state drive (SSD) with only NAND flash memory, a hybrid SSD composed of SCM and NAND flash memory has been proposed. With the evaluation platform, the hybrid SSD performance dependencies on the SCM access speed are evaluated under various workloads. Moreover, the data management algorithms for the hybrid SCM/MLC NAND SSD are discussed as well.
キーワード (和) フラッシュメモリ / SSD / SCM / / / / /  
(英) NAND Flash memory / Strage class memory / SSD / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 419, ICD2013-120, pp. 49-49, 2014年1月.
資料番号 ICD2013-120 
発行日 2014-01-21 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2013-120 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2013-120

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2014-01-28 - 2014-01-29 
開催地(和) 京都大学時計台記念館 
開催地(英) Kyoto Univ. Tokeidai Kinenkan 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2014-01-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Hybrid SSDのデータマネジメントアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The data management algorithms for Hybrid SCM/NAND flash SSD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フラッシュメモリ / NAND Flash memory  
キーワード(2)(和/英) SSD / Strage class memory  
キーワード(3)(和/英) SCM / SSD  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小名木 貴裕 / Takahiro Onagi / オナギ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 孫 超 / Chao Sun / ソン チョウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学/中央大学 (略称: 東大/中大)
University of Tokyo/Chuo University (略称: Tokyo Univ./Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 健 / Ken Takeuchi / タケウチ ケン
第3著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-28 15:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2013-120 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.419 
ページ範囲 p.49 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ICD-2014-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会