電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-28 15:00
[ポスター講演]ディジタル支援アナログ技術による低消費電力無線通信用Δ-ΣD/A変換器の設計
大原賢治鎌田隆嗣王 軍阪大)・岡田隆志山口雅之プロアシスト)・松岡俊匡阪大ICD2013-112 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2013-112
抄録 (和) 無線通信用D/A変換器の低消費電力化を図るため,消費電力の大きいアナログ回路の機能をディジタル回路で置き換える,ディジタル支援アナログ技術を適用した設計を行った.D/A変換器にはΔ-Σ変調器やディジタル補償回路を組み込み,低消費電力化と高精度化を同時に実現することを目標とした.シミュレーションおよびFPGAボードによる評価の結果,提案回路が3次高調波を抑制し,SN比を向上できることを確認した. 
(英) This paper describes a low-power-consumption D/A converter for wireless communications with digitally assisted analog technique. The technique can replace analog blocks with digital logic, which reduce power and size. The D/A converter uses Δ-Σ Modulator and digital pre-distortion logic to improve low power and high precision. Simulation and evaluation of FPGA demonstrate the effect of compensation for 3rd distortion and improvement of S/N ratio.
キーワード (和) ディジタル支援 / Δ-Σ変調 / ディジタル補償 / DA変換器 / / / /  
(英) Digital assisted / Δ-Σ modulation / Digital pre-distortion / D/A converter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 419, ICD2013-112, pp. 31-33, 2014年1月.
資料番号 ICD2013-112 
発行日 2014-01-21 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2013-112 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2013-112

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2014-01-28 - 2014-01-29 
開催地(和) 京都大学時計台記念館 
開催地(英) Kyoto Univ. Tokeidai Kinenkan 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2014-01-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタル支援アナログ技術による低消費電力無線通信用Δ-ΣD/A変換器の設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Low-power Delta-Sigma D/A Converter for Wireless Communication with Digitally Assisted Analog Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ディジタル支援 / Digital assisted  
キーワード(2)(和/英) Δ-Σ変調 / Δ-Σ modulation  
キーワード(3)(和/英) ディジタル補償 / Digital pre-distortion  
キーワード(4)(和/英) DA変換器 / D/A converter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大原 賢治 / Kenji Ohara / オオハラ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 隆嗣 / Takatsugu Kamata / カマタ タカツグ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 軍 / Jun Wang / ワン ジュン
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 隆志 / Takashi Okada / オカダ タカシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社プロアシスト (略称: プロアシスト)
Proassist, Ltd. (略称: Proassist)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 雅之 / Masayuki Yamaguchi / ヤマグチ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社プロアシスト (略称: プロアシスト)
Proassist, Ltd. (略称: Proassist)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 俊匡 / Toshimasa Matsuoka / マツオカ トシマサ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-28 15:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2013-112 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.419 
ページ範囲 pp.31-33 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-ICD-2014-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会