電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-27 13:30
肝病理組織画像における核のグラフ構造特徴量高速計算アルゴリズム
駒形英樹小林直樹石川雅浩埼玉医科大)・篠田一馬宇都宮大)・山口雅浩東工大)・阿部時也橋口明典坂元亨宇慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) バーチャルスライドの進展により,病理診断において画像処理による定量的指標を算出する検討が行われており,その一つとして,核の配列に着目したグラフ構造特徴量がある.また,肝臓の病理診断においては索構造の厚さが指標の一つとされており,我々は核のグラフ構造と細線化アルゴリズムを用いた索層数の自動計測アルゴリズムを提案した.しかし,従来の方法では計算量が大きく,大容量の病理画像では計算コストが負担となる.そこで,本研究では核間を結ぶグラフ構造の繋がりを解析することにより,肝病理組織画像のグラフ構造特徴量の一つである索層数を高速に計算するアルゴリズムを提案する.また,肝臓の手術検体病理組織画像を用いた実験により,提案法が高速に計算可能であることを示す. 
(英) Virtual slide technology has advanced studies in digital pathology which is to calculate the quantitative indices using image processing. As the one of the indices, there are feature quantities of nuclei graph structures. In hepatic pathology, the one of the diagnostic indicators is thickness of trabecular structure in pathological image. Therefore, we had proposed an automatic measuring algorithm to calculate the numbers of cell layers of hepatic trabecula; however, it had required the high computational cost because it had used the thinning algorithm. In this research, we propose a high speed algorithm to calculate them using graph structure analysis.
キーワード (和) デジタル病理学 / 肝がん / グラフ理論 / ドロネー図 / / / /  
(英) Digital pathology / Hepatocellular carcinoma / Graph theory / Delaunay diagram / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 410, MI2013-100, pp. 239-244, 2014年1月.
資料番号 MI2013-100 
発行日 2014-01-19 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2014-01-26 - 2014-01-27 
開催地(和) 沖縄ぶんかテンブス館 
開催地(英) Bunka Tenbusu Kan 
テーマ(和) 計算解剖モデルに基づく診断・治療支援,医用画像処理一般 
テーマ(英) Computer Assisted Diagnosis and Therapy Based on Computational Anatomy, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2014-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 肝病理組織画像における核のグラフ構造特徴量高速計算アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High speed algorithm to calculate feature quantities of nuclei graph structures in hepatic histological images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタル病理学 / Digital pathology  
キーワード(2)(和/英) 肝がん / Hepatocellular carcinoma  
キーワード(3)(和/英) グラフ理論 / Graph theory  
キーワード(4)(和/英) ドロネー図 / Delaunay diagram  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 駒形 英樹 / Hideki Komagata / コマガタ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 埼玉医科大学 (略称: 埼玉医科大)
Saitama Medical University (略称: Saitama Medical Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 直樹 / Naoki Kobayashi / コバヤシ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 埼玉医科大学 (略称: 埼玉医科大)
Saitama Medical University (略称: Saitama Medical Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 雅浩 / Masahiro Ishikawa / イシカワ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 埼玉医科大学 (略称: 埼玉医科大)
Saitama Medical University (略称: Saitama Medical Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 一馬 / Kazuma Shinoda / シノダ カズマ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 雅浩 / Masahiro Yamaguchi / ヤマグチ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 時也 / Tokiya Abe / アベ トキヤ
第6著者 所属(和/英) 慶應大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋口 明典 / Akinori Hashiguchi / ハシグチ アキノリ
第7著者 所属(和/英) 慶應大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂元 亨宇 / Michiie Sakamoto / サカモト ミチイエ
第8著者 所属(和/英) 慶應大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-27 13:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2013-100 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.410 
ページ範囲 pp.239-244 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2014-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会