電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-25 09:55
視覚探索における鳥類視覚皮質から向網膜系へのトップダウン信号の役割
竹内祐樹鶴丸 怜大野裕史内山博之鹿児島大MBE2013-106
抄録 (和) 鳥類における脳から網膜への遠心性投射系,すなわち向網膜系は視蓋IOニューロン,IOニューロン,IO標的細胞の3種のニューロンで構成される.向網膜系の1次ニューロンである視蓋IOニューロンは,視覚皮質相同部位の高外套尖頂部(HA)からのトップダウン信号と網膜からのボトムアップ信号の双方を受け取る.本研究はこのトップダウン信号の役割を明らかにするために,HAを冷却によって不活性化し,視覚探索における影響を調べた.HA冷却によって向網膜信号遮断時と同様に視覚探索における標的選択の精度低下が生じた.このように向網膜信号の生成にはHAから向網膜系のトップダウン信号が大きく寄与していることが明らかとなった. 
(英) The avian retinopetal system, or the tecto-isthmo-retinal (TIR) system, is composed of three serially-connected neurons; the tecto-isthmo-optic (tecto-IO) neurons, the isthmo-optic (IO) neurons, and IO target cell. The primary neuron of the TIR system, the tecto-IO neuron, receives both top-down signals from the avian visual cortex equivalent, hyperpallium apicale (HA), and bottom-up signals from the retina. In the present study, in order to investigate the functional role of the top-down signals to the TIR system, we inactivated HA by cooling and evaluated effects of the inactivation on visual search performance. By HA inactivation, as in the cases of blockage of retinopetal signals, accuracy of target selection significantly decreased. Thus, the top-down signals from HA to the TIR system may substantially contribute to generation of the retinopetal signals.
キーワード (和) 網膜 / 遠心性投射 / 向網膜系 / 大脳高外套 / 視覚探査行動 / / /  
(英) retina / centrifugal projection / retinopetal system / hyperpallium / visual search / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 409, MBE2013-106, pp. 61-64, 2014年1月.
資料番号 MBE2013-106 
発行日 2014-01-17 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2013-106

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2014-01-24 - 2014-01-25 
開催地(和) 佐賀大学 
開催地(英) Saga University 
テーマ(和) ME、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚探索における鳥類視覚皮質から向網膜系へのトップダウン信号の役割 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Functional role of top-down signals from the avian visual cortex to the tect-isthmo-retinal system in visual search 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 網膜 / retina  
キーワード(2)(和/英) 遠心性投射 / centrifugal projection  
キーワード(3)(和/英) 向網膜系 / retinopetal system  
キーワード(4)(和/英) 大脳高外套 / hyperpallium  
キーワード(5)(和/英) 視覚探査行動 / visual search  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 祐樹 / Yuki Takeuchi / タケウチ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴丸 怜 / Satoshi Tsurumaru / ツルマル サトシ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 裕史 / Hiroshi Ohno / オオノ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 博之 / Hiroyuki Uchiyama / ウチヤマ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-25 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2013-106 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.409 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2014-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会