お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 14:30
マルチコアファイバの融着によるクロストーク特性への影響に関する考察
今村勝徳杉崎隆一八木 健古河電工)・吉田真人中沢正隆東北大OFT2013-48
抄録 (和) マルチコアファイバにおける融着状態とクロストークの関係について調査した.調心精度を制御することで意図的に融着ロスを変化させた状態でのクロストーク劣化量を観察し,融着ロスに応じてクロストーク劣化量が変化する様子を確認した.2km毎に融着箇所を有する43kmのマルチコアファイバ伝送路を構築し,融着ロスとクロストークの関係についてより詳細に検証した.OTDR法をベースとしたクロストーク測定法により,各融着箇所におけるクロストーク劣化量を詳細に把握し,融着ロスとクロストーク劣化量に相関があることを確認した.一方で,融着ロスが十分に小さい場合にはクロストークの劣化はほとんど見られないことも確認した.マルチコアファイバの実線路使用を促す重要な知見が得られた. 
(英) We investigated the relationship between splice loss and crosstalk properties in the fusion spliced multicore fibers. We observed the amount of crosstalk degradation under the different condition of splice loss and confirmed that the crosstalk degradation was related to the increase of the splice loss. We made the 43-km 7-core fiber transmission line with multiple fusion splice points considering the applicability for the real terrestrial transmission line. The relationship between fusion splice losses and crosstalk properties were measured by means of mode coupling measurement method utilizing an OTDR technique. As a result, the correlation between splice losses and crosstalk properties were clearly observed.
キーワード (和) マルチコアファイバ / 融着 / クロストーク / / / / /  
(英) Multicore fiber / Fusion splice / Crosstalk / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 406, OFT2013-48, pp. 11-15, 2014年1月.
資料番号 OFT2013-48 
発行日 2014-01-17 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2013-48

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2014-01-24 - 2014-01-24 
開催地(和) 芝浦工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2014-01-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチコアファイバの融着によるクロストーク特性への影響に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of the Influence of Fusion Splice on Crosstalk Properties of Multicore Fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチコアファイバ / Multicore fiber  
キーワード(2)(和/英) 融着 / Fusion splice  
キーワード(3)(和/英) クロストーク / Crosstalk  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 勝徳 / Katsunori Imamura / イマムラ カツノリ
第1著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., Ltd (略称: Furukawa Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉崎 隆一 / Ryuichi Sugizaki / スギザキ リュウイチ
第2著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., Ltd (略称: Furukawa Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 健 / Takeshi Yagi / ヤギ タケシ
第3著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., Ltd (略称: Furukawa Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 真人 / Masato Yoshida / ヨシダ マサト
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中沢 正隆 / Masataka Nakazawa / ナカザワ マサタカ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2013-48 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.11-15 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OFT-2014-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会