お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 10:00
複数の子音を含むスキャットにおけるスペクトル変動特性のテンポによる違いの分析
谷澤啓介坂野秀樹旭 健作名城大SP2013-100
抄録 (和) 歌唱音声合成システムへの応用を目的とし,複数の子音を含むスキャットにおけるスペクトル変動特性のテンポによる違いを分析している.本研究では,テンポの異なるスキャットを収録し分析を行った.この分析により,スキャットのテンポが異なることで,スペクトル変動特性にどのような違いが表れるのかを調査した.これにより,テンポの速いスキャットはテンポの遅いスキャットと比較して,パワーの変動及びスペクトルの変動が小さくなる傾向が分かった.また,歌唱者ごとのスペクトル変動特性の比較により,歌唱者ごとのスペクトル変動特性の違いが観測されており,歌唱者ごとに意図通りに発声可能なテンポが異なる可能性があることが分かった. 
(英) This paper describes difference of temporal variation of spectrum due to tempo in scat including plural consonants for the purpose of application to singing voice synthesis systems. We analyzed scat singings with different tempos of some singers in order to investigate temporal variation of spectrum. It was found that decrease of temporal fluctuation of power and spectral in fast-tempo scat in comparison with slow-tempo scat. Since it was observed that there is difference of temporal variation of spectrum by singer, the range of tempo that the singer can sing properly as the singer intends depends on the singer.
キーワード (和) 歌唱音声合成 / スキャット / 子音 / 調音結合 / / / /  
(英) Singing voice synthesis system / Scat / Consonant / Coarticulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 404, SP2013-100, pp. 25-30, 2014年1月.
資料番号 SP2013-100 
発行日 2014-01-16 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2013-100

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 名城大学 
開催地(英) Meijo Univ. 
テーマ(和) 音声,言語,対話,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2014-01-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数の子音を含むスキャットにおけるスペクトル変動特性のテンポによる違いの分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of difference of temporal variation of spectrum due to tempo in scat including plural consonants 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歌唱音声合成 / Singing voice synthesis system  
キーワード(2)(和/英) スキャット / Scat  
キーワード(3)(和/英) 子音 / Consonant  
キーワード(4)(和/英) 調音結合 / Coarticulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷澤 啓介 / Keisuke Tanizawa / タニザワ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 秀樹 / Hideki Banno / バンノ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 旭 健作 / Kensaku Asahi /
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2013-100 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会