電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 15:10
自立給電型ワイヤレスセンサによるセンシング・プラットフォーム構想と実現性の基礎的な検討
川喜田佑介電通大)・三次 仁慶大)・寺田直美総研大)・市川晴久電通大ASN2013-155
抄録 (和) 我々は,エナジハーベスティングによる自立給電型ワイヤレスセンサとそのセンシング・プラットフォームを構想し,その実現性について検討をしている.自立給電型ワイヤレスセンサは,エナジハーベスティングを前提とし外部からの給電を必要としないワイヤレスセンサである.今まで,無線器を広域に仮想化する技術について研究開発を進めてきた.センシング・プラットフォームでは,この技術を用いて自立給電型ワイヤレスセンサの簡素な回路構成に起因する様々な不安定性を受信側のコンピュテーションパワーで補償することを目指している.最終的には,小型化した自立給電型ワイヤレスセンサをユーザの周辺に素材レベルで埋め込むことにより,実世界情報の収集を目指している.本稿では,構想について紹介するとともに,構想の実現性の基礎的な検討として,自立給電型ワイヤレスセンサに備える複数のセンサからのセンシング信号をマルチサブキャリアにより多重化して送信し,分離した実験について報告する. 
(英) The authors have conducted the research and development of technologies to virtualize the radio receivers over wide areas aiming at a sensing platform, where energy harvesting wireless sensors or self-powered wireless sensors requiring no batteries are applicable. The computation power implementing the radio receivers compensates the functional instabilities of energy harvesting wireless sensors. The real world information is ultimately expected to be collected by huge number of wireless sensors embedded in the materials around us. This paper describes the concept of the sensing platform, and proposes a wireless sensor architecture using multi-sub-carriers with experimental study results on its feasibility.
キーワード (和) センシング・プラットフォーム / 無線センサ / ソフトウェア無線 / 仮想化 / / / /  
(英) Sensing platform / Wireless Sensor / Software-defined radio / Virtualization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 399, ASN2013-155, pp. 207-212, 2014年1月.
資料番号 ASN2013-155 
発行日 2014-01-16 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2013-155

研究会情報
研究会 ASN MoNA  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) ホテル奥道後 (松山市) 
開催地(英) Hotel Okudogo (Matsuyama) 
テーマ(和) モバイルネットワーク,モバイルアプリケーション,アンビエントイン テリジェンス,センサネットワーク,一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile Networks, Mobile Applications, Ambient Intelligence, Sensor Networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2014-01-ASN-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自立給電型ワイヤレスセンサによるセンシング・プラットフォーム構想と実現性の基礎的な検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Concept of the Sensing Platform for Energy Harvesting Wireless Sensors and its Feasibility Study 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センシング・プラットフォーム / Sensing platform  
キーワード(2)(和/英) 無線センサ / Wireless Sensor  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェア無線 / Software-defined radio  
キーワード(4)(和/英) 仮想化 / Virtualization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川喜田 佑介 / Yuusuke Kawakita / カワキタ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三次 仁 / Jin Mitsugi / ミツギ ジン
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 直美 / Naomi Terada / テラダ ナオミ
第3著者 所属(和/英) 総合研究大学院大学 (略称: 総研大)
The Graduate University for Advanced Studies (略称: SOKENDAI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 晴久 / Haruhisa Ichikawa / イチカワ ハルヒサ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2013-155 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.207-212 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会