電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 11:40
携帯電話通信時に得られる位置情報履歴を用いた滞在地の滞在目的の推定
黒川茂莉石塚宏紀渡邉孝文村松茂樹小野智弘KDDI研)・金杉 洋関本義秀柴崎亮介東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 昨今,移動体網を経由して取得される携帯電話通信時の位置情報履歴の利活用が注目を集めている.その中でも国土交通省を始め各自治体が実施するパーソントリップ調査において,携帯電話通信時の位置情報履歴の利活用は,全国を網羅的に人々の移動が把握可能であるため期待されている.パーソントリップ調査では,人々の滞在地,滞在時間だけでなく滞在目的も重要な調査項目となる.しかしながら,携帯電話通信時の位置情報履歴による行動分析では滞在地・滞在時間の推定技術に留まり,滞在目的推定の研究はいまだ不十分である.そこで本稿では,携帯電話通信時の位置情報履歴から,個人の滞在地及び滞在時間を検出し,自宅,職場,お出かけ先等の各滞在地に対する滞在目的を推定する手法を提案する.本提案の滞在目的手法では,パーソントリップ調査同様8つの滞在目的種別を識別可能とし,推定対象者と類似生活パターンを持つ学習データを選別して利用することで推定精度の向上を目指す.我々は,利用同意を得た160名の25日間の位置情報履歴を収集し,提案手法の評価実験を行った. 
(英) In this paper, a novel methodology is proposed to predict semantics of significant places extracted from locations associated with communication records of mobile phones. Contributions of this paper are as follows. First, our proposed method classifies eight classes of place semantics as is the case with official person trip surveys. Second, our proposed method enhances accuracy by selecting training data with high similarity in terms of stay patterns for each user. The accuracy of our method is demonstrated by experiments using actual communication records of 160 subjects.
キーワード (和) 携帯電話通信 / 位置情報 / 滞在地 / 意味 / / / /  
(英) Mobile Communications / Locations / Significant Places / Semantics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 398, MoNA2013-62, pp. 79-84, 2014年1月.
資料番号 MoNA2013-62 
発行日 2014-01-16 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN MoNA  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) ホテル奥道後 (松山市) 
開催地(英) Hotel Okudogo (Matsuyama) 
テーマ(和) モバイルネットワーク,モバイルアプリケーション,アンビエントイン テリジェンス,センサネットワーク,一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile Networks, Mobile Applications, Ambient Intelligence, Sensor Networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2014-01-ASN-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯電話通信時に得られる位置情報履歴を用いた滞在地の滞在目的の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimating Semantics of Significant Places using Location Information Associated with Telecommunication Histories of Mobile Phones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 携帯電話通信 / Mobile Communications  
キーワード(2)(和/英) 位置情報 / Locations  
キーワード(3)(和/英) 滞在地 / Significant Places  
キーワード(4)(和/英) 意味 / Semantics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 茂莉 / Mori Kurokawa / クロカワ モリ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 宏紀 / Hiroki Ishizuka / イシヅカ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 孝文 / Takafumi Watanabe / ワタナベ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 茂樹 / Shigeki Muramatsu / ムラマツ シゲキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 智弘 / Chihiro Ono / オノ チヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 金杉 洋 / Hiroshi Kanasugi / カナスギ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 関本 義秀 / Yoshihide Sekimoto / セキモト ヨシヒデ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴崎 亮介 / Ryosuke Shibasaki / シバサキ リョウスケ
第8著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2013-62 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会