お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 15:20
ILSローカライザマルチパス誤差のモーメント法利用による予測精度の改善
川田輝雄AVITECSANE2013-130
抄録 (和) 一般的なローカライザアンテナは24個のLPDA(Log Periodic Dipole Antenna)で構成される.従来の誤差シミュレーションではLPDAの相互結合を考慮していなかったため合成指向性の計算値は実際の値から変形し,結果として誤差予測値が小さくなった.今回,LPDAの放射パターンをモーメント法(MoM)で計算することにより相互結合を考慮した指向性計算を行い,マルチパス誤差の予測精度の向上をはかった.またこれにより計算できる障害物の形状の自由度を増し障害物方位を全方位に拡大する検討を行ったので報告する. 
(英) ILS Localizer antenna system is usually consisted of 24 Log periodic dipole antennas(LPDA).
In the multipath error estimation, mutual coupling effect between LPDAs are usually ignored.
As a result, computed antenna radiation pattern changed from real value and estimation error resulted in small.
This paper describes the improvement of multipath error estimation using corrected antenna pattern by Method of Moment.
キーワード (和) ILS / ローカライザ / マルチパス誤差 / LPDA / 相互結合 / モーメント法 / /  
(英) ILS / Localizer / multipath error / LPDA / mutual coupling / Moment Method / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 387, SANE2013-130, pp. 103-108, 2014年1月.
資料番号 SANE2013-130 
発行日 2014-01-16 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2013-130

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2014-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ILSローカライザマルチパス誤差のモーメント法利用による予測精度の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvements of ILS Localizer Multipath Error Estimation Using Moment Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ILS / ILS  
キーワード(2)(和/英) ローカライザ / Localizer  
キーワード(3)(和/英) マルチパス誤差 / multipath error  
キーワード(4)(和/英) LPDA / LPDA  
キーワード(5)(和/英) 相互結合 / mutual coupling  
キーワード(6)(和/英) モーメント法 / Moment Method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川田 輝雄 / Teruo Kawada / カワダ テルオ
第1著者 所属(和/英) AVITEC (略称: AVITEC)
AVITEC (略称: AVITEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2013-130 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.387 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会