電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 16:35
[招待講演]サービス制御システム(IMS)のクラウド化技術に関する研究開発
北辻佳憲KDDI研)・伊藤 学KDDI)・小森田賢史横田英俊KDDI研)・林 偉夫NECNS2013-169
抄録 (和) 通信システムへクラウドの概念を導入することができれば、稼働中のシステムであっても柔軟に構成を変更することで消費電力を削減できるほか、障害発生時においても代替サーバでサービスを引き継ぐことができる。本講演では、このような省電力性と高信頼性を兼ね備えた移動体通信システムを実現するために、サービス制御システム(IMS:IP Multimedia Subsystem)を構成するサーバ間でのセッション情報の移動方式、ならびにテストベッドを用いたシステムの動的構成変更の実証について説明する。 
(英) Employing a cloud concept into the communication systems enables on-demand configuration change on the service system in the cases of server failures as well as optimizing energy consumption. In this presentation we explain a solution providing the service continuity for telephone service sessions in order for these demands. The presentation also includes feasible test with a testbed constructed over the nation-wide Openflow network provided by National institution of information and communications technology.
キーワード (和) IMS / サービス継続 / 消費電力 / サーバ障害 / Openflow / / /  
(英) IMS / service continuity / energy saving / server failure / Openflow / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 388, NS2013-169, pp. 35-40, 2014年1月.
資料番号 NS2013-169 
発行日 2014-01-16 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2013-169

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Univ. of the Ryukyus 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サービス制御システム(IMS)のクラウド化技術に関する研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Cloudization of IP Multimedia Subsystem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IMS / IMS  
キーワード(2)(和/英) サービス継続 / service continuity  
キーワード(3)(和/英) 消費電力 / energy saving  
キーワード(4)(和/英) サーバ障害 / server failure  
キーワード(5)(和/英) Openflow / Openflow  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北辻 佳憲 / Yoshinori Kitatsuji / キタツジ ヨシノリ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 学 / Manabu Itou / イトウ マナブ
第2著者 所属(和/英) KDDI (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小森田 賢史 / Satoshi Komorita / コモリタ サトシ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 英俊 / Hidetoshi Yokota / ヨコタ ヒデトシ
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 偉夫 / Takeo Hayashi /
第5著者 所属(和/英) 日本電気 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 16:35:00 
発表時間 50 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2013-169 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.388 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会