お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 16:30
加速度目標検出における信号対雑音尤度比に基づくノンコヒーレント信号検出法
山田哲太郎高林佑樹亀田洋志三菱電機SIP2013-108 RCS2013-278
抄録 (和) ドップラーレーダを用いた高機動な目標の探知において,周波数解析後の信号スペクトルは,加速度によるドップラー周波数変化の影響で周波数軸上に広がり,信号利得が得られないという問題がある.この問題に対して本稿では,周波数解析後の周波数軸上に広がったパワースペクトルに対して,信号対雑音尤度比に基づいて信号らしいスペクトルの広がりをノンコヒーレントに畳み込み積分を行うことで,信号検出性能を改善する方式を提案する.シミュレーションの結果,提案方式によって低演算負荷で加速度目標の信号検出性能が改善することを確認した. 
(英) Detection of an accelerated target by Doppler radar is one of the important problems. The signal power spectrum of the target spreads due to the target's Doppler shift and deteriorates the signal gain, therefore detecting the accelerated target signal under low SNR(Signal-to-Noise Ratio) environment is a difficult problem. In order to resolve the problem, we proposed non-coherent integration algorithm using likelihood ratio test. The validity of the proposed algorithm has been confirmed through several computer simulations.
キーワード (和) 目標検出 / ドップラーレーダ / 加速度目標 / 低SNR / 畳み込み / ノンコヒーレント / 尤度比 /  
(英) Target Detection / Doppler Radar / Acceleration Target / Low Signal-to-Noise Ratio / Convolution / Non-Coherent / Likelihood Ratio /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 385, SIP2013-108, pp. 133-138, 2014年1月.
資料番号 SIP2013-108 
発行日 2014-01-16 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2013-108 RCS2013-278

研究会情報
研究会 RCS SIP  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2014-01-RCS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 加速度目標検出における信号対雑音尤度比に基づくノンコヒーレント信号検出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-Coherent Integration using Likelihood Ratio Test for an Accelerated Target 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 目標検出 / Target Detection  
キーワード(2)(和/英) ドップラーレーダ / Doppler Radar  
キーワード(3)(和/英) 加速度目標 / Acceleration Target  
キーワード(4)(和/英) 低SNR / Low Signal-to-Noise Ratio  
キーワード(5)(和/英) 畳み込み / Convolution  
キーワード(6)(和/英) ノンコヒーレント / Non-Coherent  
キーワード(7)(和/英) 尤度比 / Likelihood Ratio  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 哲太郎 / Tetsutaro Yamada / ヤマダ テツタロウ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高林 佑樹 / Yuki Takabayashi / タカバヤシ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 洋志 / Hiroshi Kameda / カメダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2013-108,IEICE-RCS2013-278 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.385(SIP), no.386(RCS) 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2014-01-16,IEICE-RCS-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会