電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 13:55
パケット通信間隔に適応したリンク品質推定手法Aipiの提案
鈴木幸大中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,Wireless Sensor Network(WSN)が普及してきた.WSN において各センサノードが通信を行う際, Link Quality Estimation(LQE)が各パラメータから取得するデータをもとに,リンク状態を評価する.LQE には 多くの既存研究が存在するが共通の問題点が存在する.既存研究で利用されるパラメータは変動的であるため,連続 したデータを必要とする.Inter Packet Interval(IPI)が短く一定である状況を想定している.しかし,アプリケー ションによっては IPI が長くなることも想定される.そこで私たちは,IPI が長い状況でもリンク状態を評価する精 度を下げないために,LQE のパラメータとして距離を取り入れた新たな LQE,Aipi を提案する.距離は一定の値で あるため IPI による影響を受けない.また IPI と相関の高い結果を示した LQI も LQE のパラメータとして使用する. この 2 つのパラメータを用いて,回帰分析と IPI の長さによる重み付けを行いリンク状態の評価する.さらに,本研 究では Aipi の性能を評価することで有用性を証明する. 
(英) In Wireless Sensor Network(WSN), Link Quality Estimation(LQE) estimates link quality. Related works is assumed that parameters data can continuously be retrieved. And therefore, related works is not fit in long Inter Packet Interval(IPI). However long IPI communications occur in some real world. Therefore, we propose new LQE is Aipi. Aipi uses physical distance and LQI as a parameter. Because physical distance is not influenced IPI length and we found that LQI high correlate with physical distance from experiment. And, Aipi estimates link quality by using two times weighting methods. This work evaluates this system and proves feasibility.
キーワード (和) ワイヤレスセンサネットワーク / リンク品質推定 / パケット通信間隔 / 距離 / / / /  
(英) Wireless Sensor Network / Link Quality Estimation / Inter Packet Interval / Distance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 399, ASN2013-131, pp. 77-82, 2014年1月.
資料番号 ASN2013-131 
発行日 2014-01-16 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN MoNA  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) ホテル奥道後 (松山市) 
開催地(英) Hotel Okudogo (Matsuyama) 
テーマ(和) モバイルネットワーク,モバイルアプリケーション,アンビエントイン テリジェンス,センサネットワーク,一般および技術展示 
テーマ(英) Mobile Networks, Mobile Applications, Ambient Intelligence, Sensor Networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2014-01-ASN-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パケット通信間隔に適応したリンク品質推定手法Aipiの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Aipi:Link Quality Estimation Method Adapting to Inter Packet Interval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワイヤレスセンサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) リンク品質推定 / Link Quality Estimation  
キーワード(3)(和/英) パケット通信間隔 / Inter Packet Interval  
キーワード(4)(和/英) 距離 / Distance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 幸大 / Kodai Suzuki / スズキ コウダイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 仁 / Jin Nakazawa / ナカザワ ジン
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高汐 一紀 / Kazunori Takashio / タカシオ カズノリ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 英幸 / Hideyuki Tokuda / トクダ ヒデユキ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2013-131 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会