電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 10:50
高度電波環境データベース連携型重みづけ協調センシングの実験的評価
大上裕也北村優行稲毛 契石橋功至藤井威生電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高度道路交通システムの通信帯域確保に向け,コグニティブ無線技術(CR: Cognitive Radio)を用いた周波数共用が注目されている.CRによる周波数共用では既存ユーザ(PU: Primary User)への与干渉回避のため,二次ユーザ(SU: Secondary User)において電波環境を認識する技術が重要となり,電波環境データベースや,スペクトラムセンシングの活用が検討されている.しかし,前者では通信状態がON/OFFするPUへの対応が難しく,後者では統計的な電波環境情報の取得が困難なため,いずれの方法も,時々刻々と無線端末の存在環境が変化する車車間無線ネットワークでは課題がある.そこで,筆者らは実観測の無線情報に基づく高度電波環境データベースの活用により,観測位置での平均受信電力値を取得し,高SNRエリアの情報を優先して協調判定に用いる重み付け協調センシングを提案した.
過去に計算機シミュレーションを用いて,提案手法が協調センシングと比較して高いPU検出性能をもつことを示したが,建造物や地理的影響を受けた実環境の無線信号分布における有効性の評価が十分ではなかった.そこで,本稿では実観測情報に基づくエミュレーション評価により,実環境における提案手法の有効性を示す. 
(英) A spectrum sharing which utilizes the cognitive radio (CR) has been attracted attention to improve the spectral efficiency in Wireless Vehicular Networks (WVN). In the spectrum sharing scenario, CR users are required to avoid the interference toward Primary User (PU). Consequently, the technique of recognizing radio environment for correctly detecting the communication status of PU is important. The spectrum sharing systems can be classified into two types, spectrum database approach and spectrum sensing approach. However, both spectrum sharing systems are not suitable for applying in WVN. Thus, to improve the sensing reliability in WVNs, we proposed a weighted cooperative sensing method using the measurement based spectrum database information. It becomes possible to give the weights for cooperation by considering reliability of sensing data from each node. As a result of simulation, the proposed technique improves the detection performance compared with the traditional sensing methods. However, we do not confirm the effectiveness of the proposed method in actual radio environment such as the shadowing environment affected by buildings and geometry. In this paper, we show emulated results from the measurement data of actual TV broadcasting signals to confirm the effectiveness of the proposed technique.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 電力検出法 / 重み付け協調センシング / 電波環境データベース / コグニティブ車車間ネットワーク / / /  
(英) Cognitive radio / Energy detection / Weighted cooperative sensing / Radio environment database / Cognitive vehicular networks / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 400, SR2013-77, pp. 13-18, 2014年1月.
資料番号 SR2013-77 
発行日 2014-01-16 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) コグニティブ無線,ソフトウェア無線,M2M/D2D,標準化,一般 
テーマ(英) cognitive radio, software radio, M2M/D2D communications, standardization, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高度電波環境データベース連携型重みづけ協調センシングの実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Weighted Cooperative Sensing Based on Advanced Spectrum Database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) 電力検出法 / Energy detection  
キーワード(3)(和/英) 重み付け協調センシング / Weighted cooperative sensing  
キーワード(4)(和/英) 電波環境データベース / Radio environment database  
キーワード(5)(和/英) コグニティブ車車間ネットワーク / Cognitive vehicular networks  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大上 裕也 / Yuya Ohue / オオウエ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 優行 / Masayuki Kitamura / キタムラ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲毛 契 / Kei Inage / イナゲ ケイ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 功至 / Koji Ishibashi / イシバシ コウジ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2013-77 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.400 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会