電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 11:35
検索情報を用いた事前配信技術の提案
上村昂平上智大)・横田将裕竹下 恵西松 研長谷川治久NTTIN2013-120
抄録 (和) インターネットサービスの急速な発展により様々なコンテンツがインターネットを通して利用されるようになっている.中でも映像コンテンツによる通信トラヒック増大の影響が大きく,特にアクセスが集中する夜間はその膨大なトラヒックによりユーザアクセス待ち時間の増加が懸念される.よって,アクセスが集中する時間帯のピークトラヒックの削減はユーザアクセス待ち時間の減少とサーバ負荷軽減につながるため有効である.このピークトラヒックを削減する手法として事前配信手法が存在する.今回ユーザの検索行動に着目し,以前検索された検索キーワードは再度検索される可能性が高いとして,以前検索された検索キーワードの検索結果の内,ユーザがアクセスしていないコンテンツを事前配信する手法を考案した.本稿では検索情報を用いた事前配信手法について提案し,実際に削減できるピークトラヒック割合の評価を行う. 
(英) Due to the fast development of internet services, various contents are being available through internet. The influence of the increase in communication traffic by the video contents is large, and the user access latency is increased in the night because the user access especially concentrates on the night. Thus, reduction of peak traffic at certain time zone is effective because it leads to reduce server load and decrease of user access latency. There is pre-distribution method which reduces this peak traffic. We focus on search behavior of the user and we propose a method to pre-distribute contents selected from the search results of the search keyword which has been searched before. In this paper, we propose pre-distribution method using the search information, and evaluate the peak traffic rate that can be practically reduced.
キーワード (和) 事前配信 / 検索 / 映像コンテンツ / / / / /  
(英) pre-distribution / search / video content / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 389, IN2013-120, pp. 15-20, 2014年1月.
資料番号 IN2013-120 
発行日 2014-01-16 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2013-120

研究会情報
研究会 IN NWS  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 名古屋国際センター 
開催地(英) Nagoya International Center 
テーマ(和) ネットワークソフトウェア、コンテンツ配信/流通、ソーシャルネットワーク(SNS)、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
テーマ(英) Network Software, Contents Delivery/Contents Exchange, Social Networking Service (SNS), Data Analysis/Processing Platform, Big Data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-01-IN-NWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 検索情報を用いた事前配信技術の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of pre-distribution technology using the search information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事前配信 / pre-distribution  
キーワード(2)(和/英) 検索 / search  
キーワード(3)(和/英) 映像コンテンツ / video content  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 昂平 / Kohei Kamimura / カミムラ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 将裕 / Masahiro Yokota / ヨコタ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 恵 / Kei Takeshita / タケシタ ケイ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西松 研 / Ken Nishimatsu / ニシマツ ケン
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 治久 / Haruhisa Hasegawa / ハセガワ ハルヒサ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-120 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.389 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会