電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 10:25
実測に基づく電波環境データベースを用いたプライマリユーザパラメータ推定法の実験的評価
佐藤光哉稲毛 契藤井威生電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コグニティブ無線による周波数共用では,既存ユーザ(PU:Prymary User) の通信状況をいかに把握するかが重要となる.筆者らは,電波環境認識技術として実測に基づく電波環境データベースを提唱し,研究を行なってきた.米国FCC が提唱するような既存スペクトラムデータベースが統計的電波伝搬モデルに基づいて構築されるのに対し,本データベースは実測値に基づいて構築されることから高い精度が期待できる.しかし,本データベースは無数の測定ノードから報告された値を蓄積することから,保有する情報が膨大になることが予想される.そのため,蓄積された情報を統計化し,PU に関する情報を効率良くセカンダリユーザ(SU:Secondary User) に提供する手法が要求される.そこで本稿では,電波環境データベースを用いたPU のパラメータ推定法を提案する.提案手法では,観測ノードから報告されたPU の受信電力強度の蓄積よりPU の位置および電波伝搬カーブを推定する.推定したパラメータはSU に提供し,周波数資源二次利用に活用する.SU の移動距離に対し少ない情報量でPU の電波伝搬環境を認識できる.本稿では,PU に5GHz 帯の無線LAN アクセスポイント,観測ノードにUSRP(Universal Software Radio Peripheral) を使用した見通し(LOS:Line-of-Sight) 環境での測定実験を行ない,その推定精度を評価する. 
(英) In order to achieve highly efficient spectrum sharing, we have proposed measurement-based database that consists of data reported by measurement nodes. Secondary users can access the database, and recognize radio environment. However, the number of data that is stored in the database may be infinite. Hence, the stored data must be converted to statistical data as simple as possible. This paper proposes Primary user’s parameter estimation
method by using measurement-based spectrum database. Through the measurement experiment, accuracy of the estimation is confirmed by changing the number of valid spatial meshes.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 電波環境データベース / パラメータ推定 / / / / /  
(英) cognitive radio / radio environment map / parameter estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 400, SR2013-76, pp. 7-12, 2014年1月.
資料番号 SR2013-76 
発行日 2014-01-16 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) コグニティブ無線,ソフトウェア無線,M2M/D2D,標準化,一般 
テーマ(英) cognitive radio, software radio, M2M/D2D communications, standardization, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-01-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実測に基づく電波環境データベースを用いたプライマリユーザパラメータ推定法の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Primary User's Parameter Estimation Method Using Measurement-based Spectrum Database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) 電波環境データベース / radio environment map  
キーワード(3)(和/英) パラメータ推定 / parameter estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 光哉 / Koya Sato / サトウ コウヤ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲毛 契 / Kei Inage / イナゲ ケイ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 威生 / Takeo Fujii / フジイ タケオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2013-76 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.400 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会