電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-22 15:30
モバイルフロントホールへのTDM-PON適用に向けた無線帯域割当情報を用いた圧縮技術
柴田直剛桑野 茂寺田 純吉本直人NTTCS2013-93
抄録 (和) 本稿では、モバイルフロントホールへのTDM-PON適用に向けたデータ圧縮技術を提案する。複数の張り出しアンテナを一ヵ所に集約した信号処理部で収容するモバイルフロントホールに対しては、TDM-PONを適用することで光リンクの効率的な収容が可能である。しかし、モバイルフロントホールでは非常に広帯域が必要なため、データ圧縮技術により光区間の帯域を有効利用することが必須となる。提案圧縮技術では、無線帯域割当情報を基に、無線信号の周波数帯域幅に合わせてサンプリング周波数を低減することで、光区間の所要帯域を動的に低減する。また提案方式により、PON区間で統計多重効果が得られるため、光区間の帯域を有効利用できる。計算機シミュレーションにより、提案方式によるPON区間の所要帯域削減効果を示す。 
(英) In this paper, a new data compression method is proposed for mobile fronthaul with TDM-PON. TDM-PON provides efficient accommodation for mobile fronthaul where multiple RRHs are linked to collocated BBUs. However, the required data bandwidth in the mobile fronthaul is very large. Therefore, it is necessary to efficiently use the optical bandwidth by data bandwidth reduction. The required data bandwidth of the proposed method is dynamically reduced by the decimation of IQ data samples based on wireless resource allocation, and statistical multiplexing gain on the TDM-PON transmission of mobile fronthaul links is provided by the proposed method. Simulation-based valuation shows the efficient reduction of the optical data bandwidth.
キーワード (和) モバイルフロントホール / TDM-PON / データ圧縮 / / / / /  
(英) mobile fronthaul / TDM-PON / data compression / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 390, CS2013-93, pp. 51-56, 2014年1月.
資料番号 CS2013-93 
発行日 2014-01-16 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2013-93

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-23 
開催地(和) 八丈島 大賀郷公民館 
開催地(英) Hajijo-jima Ohgagou Kouminkan 
テーマ(和) コア・メトロシステム,光アクセスシステム・次世代PON,ブロードバンドアクセス方式,(広域)イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,アナログ光伝送,量子通信,一般 
テーマ(英) Core/Metro System, Optical Access System/Next Generation PON, Broadband Access System, (Wide Area) Ethernet, Optical Transport Network (OTN), High-Speed Interface, Analog Optical Transmission, Quantum Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2014-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルフロントホールへのTDM-PON適用に向けた無線帯域割当情報を用いた圧縮技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Data Compression Technique using Wireless Resource Allocation for Mobile Fronthaul with TDM-PON 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルフロントホール / mobile fronthaul  
キーワード(2)(和/英) TDM-PON / TDM-PON  
キーワード(3)(和/英) データ圧縮 / data compression  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 直剛 / Naotaka Shibata / シバタ ナオタカ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑野 茂 / Shigeru Kuwano / クワノ シゲル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 純 / Jun Terada / テラダ ジュン
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 直人 / Naoto Yoshimoto / ヨシモト ナオト
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-22 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2013-93 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会