電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-22 15:10
EPON上位集線におけるオーバヘッド重畳手法の提案
王 寛酒井慈仁鈴木謙一吉本直人NTTCS2013-92
抄録 (和) 複数のEPONを集線する上位集線のバッファ容量を削減するため,上位集線における帯域制御(上位集線DBA)を検討している.従来の帯域制御方式を上位集線DBAに適用すると,EPON特有のオーバヘッドに起因した空き帯域が上位ネットワークに発生し,上り送信の帯域利用効率が低下する.本稿では,異なるEPON間でオーバヘッドとデータフレームを時間的に重畳させることにより帯域利用効率を改善する方式を提案する.また,計算機シミュレーションにより,提案方式を用いることによって帯域利用効率を約2.5倍に改善できることを示す. 
(英) As increasing of network speeds (capacities), it has become more important to reduce network power consumption. In passive optical networks, reducing the buffer size in aggregation layer-2 switches by using the integrated dynamic bandwidth allocation technique is an effective solution, but it can lead to the decrease of bandwidth efficiency. In this report, we propose a novel integrated dynamic bandwidth allocation technique that avoids this decrease. Simulation results show that the proposed scheme can attain almost 2.5 times higher bandwidth efficiency compared to the conventional scheme.
キーワード (和) EPON / 上位集線 / 動的帯域割当 / DBA / オーバヘッド / MPCP / バーストオーバヘッド /  
(英) EPON / Aggregated System / Dynamic Bandwidth Allocation / Overhead / MPCP / Burst Overhead / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 390, CS2013-92, pp. 45-50, 2014年1月.
資料番号 CS2013-92 
発行日 2014-01-16 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード CS2013-92

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-23 
開催地(和) 八丈島 大賀郷公民館 
開催地(英) Hajijo-jima Ohgagou Kouminkan 
テーマ(和) コア・メトロシステム,光アクセスシステム・次世代PON,ブロードバンドアクセス方式,(広域)イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,アナログ光伝送,量子通信,一般 
テーマ(英) Core/Metro System, Optical Access System/Next Generation PON, Broadband Access System, (Wide Area) Ethernet, Optical Transport Network (OTN), High-Speed Interface, Analog Optical Transmission, Quantum Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2014-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EPON上位集線におけるオーバヘッド重畳手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Integrated Dynamic Bandwidth Allocation Considering Overhead for Aggregated EPON System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) EPON / EPON  
キーワード(2)(和/英) 上位集線 / Aggregated System  
キーワード(3)(和/英) 動的帯域割当 / Dynamic Bandwidth Allocation  
キーワード(4)(和/英) DBA / Overhead  
キーワード(5)(和/英) オーバヘッド / MPCP  
キーワード(6)(和/英) MPCP / Burst Overhead  
キーワード(7)(和/英) バーストオーバヘッド /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 寛 / Hiroshi Ou / オウ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 慈仁 / Yoshihito Sakai / サカイ ヨシヒト
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 謙一 / Ken-Ichi Suzuki / スズキ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 直人 / Naoto Yoshimoto / ヨシモト ナオト
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-22 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2013-92 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.390 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会