電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-22 14:10
(2+2)次元衝突振動系にみられる1周期解の局所的分岐点求解アルゴリズム
刀根佑輔大分大)・麻原寛之福岡大)・合原一幸東大)・高坂拓司大分大NLP2013-156
抄録 (和) 本稿では,(2+2)次元衝突振動系にみられる1周期解の局所的分岐点求解アルゴリズムを提案する.まず,各々が2次元系で記述される2種類の常微分方程式を定義する.次に,定義した常微分方程式が解析的に解けると仮定し,厳密解を記述する.その後,Poincare写像を構成し,1周期解の条件および局所的分岐の発生条件を示す.最後に,条件式を初期値およびパラメータについて解き,1周期解の局所的分岐点求解法を示す.また,提案手法を(2+2)次元衝突振動系へ適用し,その有効性を確認する. 
(英) In this paper, we propose a solving algorithm for period-1 local bifurcation point in a (2+2)-dimensional linear impact oscillator. First, we define the dynamical system of a (2+2)-dimensional linear impact oscillator. Next, we assume that the exact solution is derived by calculating the ordinary differential equation. Then, we compose the Poincare map and describe the conditions of the period-1 solution and the local bifurcation event. By these conditions, the solving method of the period-1 local bifurcation point is shown. Finally, we apply this algorithm to the (2+2)-dimensional linear impact oscillator and confirm its validity.
キーワード (和) 衝突振動系 / 局所的分岐 / 分岐解析 / / / / /  
(英) Impact oscillator / Local bifurcation / Bifurcation analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 383, NLP2013-156, pp. 141-144, 2014年1月.
資料番号 NLP2013-156 
発行日 2014-01-14 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2013-156

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2014-01-21 - 2014-01-22 
開催地(和) ニセコパークホテル 
開催地(英) Niseko Park Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-01-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) (2+2)次元衝突振動系にみられる1周期解の局所的分岐点求解アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Solving Algorithm for Period-1 Local Bifurcation Point in a (2+2)-dimensional Linear Impact Oscillator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衝突振動系 / Impact oscillator  
キーワード(2)(和/英) 局所的分岐 / Local bifurcation  
キーワード(3)(和/英) 分岐解析 / Bifurcation analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 刀根 佑輔 / Yusuke Tone / トネ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 麻原 寛之 / Hiroyuki Asahara / アサハラ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 合原 一幸 / Kazuyuki Aihara / アイハラ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高坂 拓司 / Takuji Kousaka / コウサカ タクジ
第4著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-22 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2013-156 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.383 
ページ範囲 pp.141-144 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2014-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会