お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-22 11:20
非同期セルオートマトンを用いた聴覚神経系システム
伊澤真人阪大)・鳥飼弘幸京都産大NLP2013-150
抄録 (和) 哺乳類の蝸牛は,流体のダイナミクスを持つリンパ液,入力応じて共振的な振動をする基底膜,能動的なダンパーとして働く外有毛細胞,入力の神経信号への変換器である内有毛細胞,アナログ信号をスパイク信号へコーディングする螺旋神経節細胞などの非線形素子からなっている.この本稿では,非線形セルオートマンを用いた螺旋神経節細胞モデルを提案する.またモデルが螺旋神経節細胞の典型的な非線形応答である,並列スパイク密度変調やアダプテーション特性を生成できることを示す. 
(英) The mammalian cochlear consists of nonlinear compornents: lymph (fluid dynamics), basilar menbrane (vibrating membrane), outer hair cell (active dumper), inner hair cell (neural transducer), and spiral ganglion cell (analog-to-spikes encoder).
In this paper, a spiral ganglion cell model using an asynchronous cellular automaton is intorduced.
It is shown that the model can reproduce some typical nonlinear responses of the spiral ganglion cell, e.g., parallel spike density modulation and adaptation.
キーワード (和) 螺旋神経節細胞 / 非同期セルオートマトン / 並列スパイク密度変調 / アダプテーション / / / /  
(英) Spiral ganglion cell / Asynchronous cellular automaton / Parallel density modulation / Adaptation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 383, NLP2013-150, pp. 111-116, 2014年1月.
資料番号 NLP2013-150 
発行日 2014-01-14 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2013-150

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2014-01-21 - 2014-01-22 
開催地(和) ニセコパークホテル 
開催地(英) Niseko Park Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2014-01-NLP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 非同期セルオートマトンを用いた聴覚神経系システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An asynchronous cellular automaton model of a nonlinear auditory nervous system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 螺旋神経節細胞 / Spiral ganglion cell  
キーワード(2)(和/英) 非同期セルオートマトン / Asynchronous cellular automaton  
キーワード(3)(和/英) 並列スパイク密度変調 / Parallel density modulation  
キーワード(4)(和/英) アダプテーション / Adaptation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊澤 真人 / Masato Izawa / イザワ マサト
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥飼 弘幸 / Hiroyuki Torikai / トリカイ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-22 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2013-150 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.383 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2014-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会