お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-17 10:25
伝送路のEthernet化に伴う監視制御網のマイグレーション
陳野悠人松本 徹NTTドコモ)・三品陽太辻 匠紀ドコモ・テクノロジ)・西尾 進榮 浩三NTTドコモICM2013-42 LOIS2013-46
抄録 (和) 近年,スマートフォンの普及やLTE(Long Term Evolution)による通信の高速化に伴い,高いネットワークの信頼性が移動体通信キャリアに求められており,我々は伝送系のネットワークオペレーションシステム(NW-OpS: Network Operations System)を通して,全国に配備されている伝送系装置(NE:Network Element)を監視・制御している.現在,伝送系装置の監視制御網(以下,情報転送網)を構成している伝送系装置の老朽化対策や情報転送網自体の高速化・低遅延化対応が求められており,Ethernet伝送装置を使った新たな情報転送網の構築と既存の情報転送網からのマイグレーション(収容変更)が直近の課題となっている.本稿では,情報転送網の概要と既存網から新網への移行手法等について説明する. 
(英) With a wide spread of Smartphones and a high-speed transmission by LTE(Long Term Evolution), more reliability of networks is required. Transmission devices all over Japan are observed and controlled throughout Link NW-OpS (Network Operations System). Today, a measure devised to deal with superannuated devices composing an operation network to connect the Link NW-OpS and the transmission devices is sought. Also it is required for the operation network to speed up and reduce delays. Construction of a new network using Ethernet devices and a migration to the new network are noticed as recent problems. This paper describes a summary of the operation network and methods of the migration from the current network to the new Ethernet network.
キーワード (和) NW-OpS / 監視制御網 / マイグレーション / Ehernet / / / /  
(英) NW-OpS / supervisory and control network / Migration / Ehernet / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 380, ICM2013-42, pp. 41-46, 2014年1月.
資料番号 ICM2013-42 
発行日 2014-01-09 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2013-42 LOIS2013-46

研究会情報
研究会 LOIS ICM  
開催期間 2014-01-16 - 2014-01-17 
開催地(和) 長崎歴史文化博物館 
開催地(英) Nagasaki Museum of History and Culture 
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2014-01-LOIS-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 伝送路のEthernet化に伴う監視制御網のマイグレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Migration of the supervisory and control network, accompanied by its adoption of Ethernet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NW-OpS / NW-OpS  
キーワード(2)(和/英) 監視制御網 / supervisory and control network  
キーワード(3)(和/英) マイグレーション / Migration  
キーワード(4)(和/英) Ehernet / Ehernet  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳野 悠人 / Yuto Jinno / ジンノ ユウト
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 徹 / Toru Matsumoto / マツモト トオル
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三品 陽太 / Yota Mishina / ミシナ ヨウタ
第3著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Tecnology, INC. (略称: DOCOMO Tecnology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 匠紀 / Takunori Tsuji / ツジ タクノリ
第4著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Tecnology, INC. (略称: DOCOMO Tecnology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 進 / Susumu Nishio / ニシオ ススム
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 榮 浩三 / Kozo Sakae / サカエ コウゾウ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-17 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2013-42,IEICE-LOIS2013-46 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.380(ICM), no.381(LOIS) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2014-01-09,IEICE-LOIS-2014-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会