お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-17 10:50
テストセッションログ可視化技術による探索的テストの改善
中島 一小矢英毅増田 健丸山 勉NTTICM2013-43 LOIS2013-47
抄録 (和) 企業を取り巻く環境は激しく変化しており,限られた開発期間で品質を確保するテスト手法の確立は,業務システム開発の重要なテーマである.この状況に有用な手法として古くから探索的テストが提案されているが,テスタの知識や事前のテストの状況から臨機応変に次のテストケースを決定するため,属人的で網羅性(カバレッジ)を欠くという課題がある.この課題を解決するために,本研究ではテストセッションのログを状態遷移モデルとして可視化する新しい探索的テスト支援技術を提案する.提案手法は,状態の定義を柔軟に変更可能とすることで,テスト実施/未実施範囲を示す俯瞰した情報から,入力したパラメータや手順など詳細情報まで,ログの情報を整理して表示することができる.状態遷移モデルの参照の有無によって複数人が協働で実施する探索的テストの変化を評価した結果,提案手法はカバレッジの向上に大きく貢献し,不具合の発見を効率化できる. 
(英) Testing which allows us to guarantee the quality of systems within the limited development time is one of the important issues on system developments. Exploratory testing has been proposed as the useful method to such situations. However exploratory testing is not suitable for coverage testing and is ad-hoc, because this testing decides dynamically performed test cases based on testers’ knowledge and the results of previous test cases. In this paper, we propose new technique for exploratory testing. Our approach visualizes test session logs as state transition models according to given state definitions. We can make sure of the abstract information such as the area where the functions are tested/untested and the detail of test operations. We show that our method succeeded in the improvement of the coverage.
キーワード (和) GUIテスト / 探索的テスト / テストセッションログ / / / / /  
(英) GUI testing / exploratory testing / test session logs / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 380, ICM2013-43, pp. 47-52, 2014年1月.
資料番号 ICM2013-43 
発行日 2014-01-09 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2013-43 LOIS2013-47

研究会情報
研究会 LOIS ICM  
開催期間 2014-01-16 - 2014-01-17 
開催地(和) 長崎歴史文化博物館 
開催地(英) Nagasaki Museum of History and Culture 
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2014-01-LOIS-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テストセッションログ可視化技術による探索的テストの改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving Exploratory Testing by Techniques for Visualizing Test Session Logs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GUIテスト / GUI testing  
キーワード(2)(和/英) 探索的テスト / exploratory testing  
キーワード(3)(和/英) テストセッションログ / test session logs  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 一 / Hajime Nakajima / ナカジマ ハジメ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小矢 英毅 / Hidetaka Koya / コヤ ヒデタカ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 健 / Takeshi Masuda / マスダ タケシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 勉 / Tsutomu Maruyama / マルヤマ ツトム
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-17 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2013-43,IEICE-LOIS2013-47 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.380(ICM), no.381(LOIS) 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2014-01-09,IEICE-LOIS-2014-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会