お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-16 14:25
能動負荷を用いたデュアルバンド反射型移相器
庄司有希坂本和良伊藤康之湘南工科大ED2013-119 MW2013-184 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2013-119 MW2013-184
抄録 (和) 能動負荷を用いたデュアルバンド反射型移相器の設計,試作,評価結果について述べる.能動負荷はエミッタ接地増幅器を基本構成とし,トランジスタのエミッタと接地間にRC直列帰還回路を装荷することにより広帯域にわたって負性抵抗を作り,それを負荷回路に接続したスタック型LC共振器で制御することによりデュアルバンドで通過特性の改善と広い移相量を実現している.スタック型LC共振器はバラクタダイオード装荷LC並列回路を直列接続するため,共振周波数を独立して変化できる特徴がある.能動負荷を0.35m SiGe HBTおよび容量変化が2.5:1のSiバラクタダイオード,また90oハイブリッドを集中定数素子で試作することにより,デュアルバンドの低域0.4GHzでは通過損失1.17dB,移相量307o,高域1GHzでは通過損失2.44dB,移相量307.7oを得ることができた. 
(英) A dual-band reflection type phase shifter using active loads is presented for realizing a wide phase-shifting range and low insertion loss. The active load is based on a common-emitter configuration of SiGe HBTs employing stacked LC resonators in the load circuit for a wide shifting-range as well as RC series feedback circuits between emitter and ground for improving insertion losses. Since the LC resonators with different resonant frequencies are stacked, the resonant frequency can be varied independently. The implemented dual-band reflection-type phase shifter using 0.35m SiGe HBTs with an ft of 25GHz and Si varactor diodes with a capacitance ratio of 2.5:1 has achieved a maximal phase shift of 307o and an insertion loss of 1.17dB at 0.4GHz, a maximal phase shift of 307.7o and an insertion loss of 2.44dB at 1GHz, respectively.
キーワード (和) マイクロ波 / 反射型移相器 / スタック型LC共振器 / SiGe HBT / 能動負荷 / / /  
(英) microwaves / reflection-type phase shifter, / stacked LC resonator / SiGe HBT / active load / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 379, MW2013-184, pp. 53-56, 2014年1月.
資料番号 MW2013-184 
発行日 2014-01-09 (ED, MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2013-119 MW2013-184 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2013-119 MW2013-184

研究会情報
研究会 ED MW  
開催期間 2014-01-16 - 2014-01-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) パワーデバイスおよび超高周波デバイス/マイクロ波一般 
テーマ(英) Power devices, High-speed and high-frequency devices, Microwave Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2014-01-ED-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 能動負荷を用いたデュアルバンド反射型移相器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Dual-Band Reflection Type Phase Shifter Using Active Loads 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波 / microwaves  
キーワード(2)(和/英) 反射型移相器 / reflection-type phase shifter,  
キーワード(3)(和/英) スタック型LC共振器 / stacked LC resonator  
キーワード(4)(和/英) SiGe HBT / SiGe HBT  
キーワード(5)(和/英) 能動負荷 / active load  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄司 有希 / Yuki Shoji / ショウジ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technilogy (略称: Shonan Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 和良 / Kazuyoshi Sakamoto /
第2著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technilogy (略称: Shonan Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 康之 / Yasushi Itoh /
第3著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technilogy (略称: Shonan Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-16 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-ED2013-119,IEICE-MW2013-184 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.378(ED), no.379(MW) 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ED-2014-01-09,IEICE-MW-2014-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会