お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-21 11:40
超音波画像による脈管系試験のためのファントムの検討
興津亮吾富岡亮太四ツ谷輝久横田康成岐阜大MBE2013-81
抄録 (和) 動脈硬化症の程度を評価する新たな指標を考案した際には,解剖学的手法に寄らない限り硬化の程度の真値が分からないことが多いため,指標そのもの,あるいはその推定法の妥当性の評価が常に課題となる.そこで,生体脈管系を模したファントムの利用が有用となる.しかし,そのファントムは,生体脈管系に材料力学的に類似しな
ければならないだけでなく,例えば検査が頸動脈超音波エコーによる場合には,超音波伝搬特性の観点からも類似している必要がある.本研究では,力学的,および超音波伝搬特性の両観点から,頸動脈とその周辺組織に類似したファントムを製作する. 
(英) When you have devised a new index for evaluating the degree of arteriosclerosis, evaluation of the validity of the estimation method or indicators is always difficult. Use of the phantom simulating the living vascular system would be useful. However, the phantom has to be similar to biological vascular system in terms of both material mechanical and ultrasonic wave propagation characteristics if ultrasonic echo will be used. From the viewpoint of ultrasonic propagation characteristics and mechanical, We fabricated a phantom similar to the surrounding tissue and carotid.
キーワード (和) 動脈硬化 / 頸動脈 / 超音波画像 / 頸動脈周辺組織 / ファントム / / /  
(英) Arteriosclerosis / Ultrasonic images / Carotid surrounding tissues / Carotid / Phantom / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 373, MBE2013-81, pp. 31-35, 2013年12月.
資料番号 MBE2013-81 
発行日 2013-12-14 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2013-81

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2013-12-21 - 2013-12-21 
開催地(和) 岐阜大学サテライトキャンパス 
開催地(英) Gifu University 
テーマ(和) ME、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2013-12-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波画像による脈管系試験のためのファントムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Phantom for Angiosystem Evaluation Using Ultrasonic Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動脈硬化 / Arteriosclerosis  
キーワード(2)(和/英) 頸動脈 / Ultrasonic images  
キーワード(3)(和/英) 超音波画像 / Carotid surrounding tissues  
キーワード(4)(和/英) 頸動脈周辺組織 / Carotid  
キーワード(5)(和/英) ファントム / Phantom  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 興津 亮吾 / Ryogo Okitsu / オキツ リョウゴ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 富岡 亮太 / Ryota Tomioka / トミオカ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 四ツ谷 輝久 / Teruhisa Yotsuya / ヨツヤ テルヒサ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 康成 / Yasunari Yokota / ヨコタ ヤスナリ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-21 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2013-81 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.373 
ページ範囲 pp.31-35 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MBE-2013-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会