電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-20 08:30
無線LANスキャン情報の類似性判定を用いたモバイル機器におけるグルーピング方式の提案
土岐 卓田坂和之大岸智彦KDDI研
抄録 (和) 近年,スマートフォンだけでなく,タブレットやウェアラブル機器などのモバイル機器を2台目機器として購入するユーザが増加している.これに対して移動体通信事業者などのプロバイダは,ユーザのモバイル機器の所有状況や使用状況に応じた広告を提供することで,2台目機器の購買機会の増加を見込んでいる.適切な広告を提供するには,個々のユーザが所有するモバイル機器群を把握することが重要となる.モバイル機器群の情報を収集する従来技術として,GPSの位置情報や,Bluetoothのデバイスディスカバリ情報などのコンテキスト情報を用いた手法がある.これらの技術は,高い類似性を示すコンテキスト情報を持つモバイル機器群を特定し,同一ユーザの所有機器としてグルーピングする.しかしながら,多数のユーザが存在する場所では,自ユーザと他ユーザが所有する機器間のコンテキスト情報の類似性が高くなり,同一のグループと誤って判断してしまう問題がある.そこで本稿では,コンテキスト情報を長期的に収集することにより,多数のユーザが存在する環境でも有効なグルーピング方式を提案する.提案方式では,各モバイル機器がスキャンした無線LANの情報を蓄積していき,蓄積した情報から類似性の高いコンテキスト情報を持つモバイル機器群を特定することで,同一ユーザのモバイル機器群のみをグルーピングする.また提案方式の有効性に関する評価結果について述べる. 
(英) Recently, smartphone users purchasing tablet or some wearable appliances as the second mobile device are increasing. For this circumstance, the providers such as mobile operators strive to sell their in-house products by providing the users the advertisement related to the possession and the usage of mobile devices for the user. In order to provide the advertisement appropriate for each user, it is important to investigate the group of mobile devices each user possesses. The existing works which collect the group of mobile devices per user use the context information such as location information collected by GPS and Bluetooth device discovery information. These works groups the mobile devices per user by identifying the devices which indicate high similarity of context information. However, the works have shortcoming that they are likely to misidentify the group due to the occurrence of high similarity with devices which are possessed by other users at the places crowded by many users. Therefore, in this paper, we propose a new grouping method for mobile devices. Our method uses context information collected in the long run. And our method groups of the mobile devices with the context information which shows high similarity. We describe the result of preliminary experiments which show the effectiveness of our method.
キーワード (和) 類似性 / グルーピング / モバイル機器 / / / / /  
(英) similarity / grouping / mobile device / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 363, IN2013-108, pp. 53-58, 2013年12月.
資料番号 IN2013-108 
発行日 2013-12-12 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2013-12-19 - 2013-12-20 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City Univ. 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANスキャン情報の類似性判定を用いたモバイル機器におけるグルーピング方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of a grouping method for mobile devices using similarity of WiFi scan results 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 類似性 / similarity  
キーワード(2)(和/英) グルーピング / grouping  
キーワード(3)(和/英) モバイル機器 / mobile device  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 土岐 卓 / Suguru Doki / ドキ スグル
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田坂 和之 / Kazuyuki Tasaka / タサカ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大岸 智彦 / Tomohiko Ogishi / オオギシ トモヒコ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-20 08:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-108 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.363 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会