お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-20 11:45
DC-DCコンバータを用いて弱電レクテナの効率-負荷特性の改善
黄 勇篠原真毅三谷友彦京大MW2013-170 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-170
抄録 (和) 本報告では、mW級低電力のレクテナの効率-負荷特性を改善するためにRF-DC-DC回路を提案した。レクテナのRF-DC変換効率は入力電力と出力に接続した負荷に依存するので、レクテナには最大変換効率が得られる最適な出力負荷が存在する。提案したRF-DC-DC回路はレクテナと負荷の間にDC-DCコンバータを接続することにより、負荷が変化しても、DC-DCコンバータの入力インピーダンスを一定に持つことができる回路である。 DC-DCコンバータの入力インピーダンスが整流回路の最適負荷となれば、レクテナは接続した負荷に依存せず、最大効率で動作することができる。提案した回路を作成し、測定を行ったところ、2.45 GHz マイクロ波が80 mW 入力の場合は、200 Ω から5000 Ωまでの広い負荷範囲で整流回路単体のRF-DC 変換効率が80% 以上となり、RF-DC-DC回路全体的の変換効率が66%以上になることが分かった。 
(英) This study proposes a RF-DC-DC circuit for an mW low power RF-DC rectifier circuit to improve the efficiency-load characteristic. We know that the conversion efficiency of a RF-DC rectifier circuit is strictly affected by the load and the input power. There is an optimum load for maximum conversion efficiency in RF-DC rectifier circuit. The proposed RF- DC-DC circuit consists of a RF-DC rectifier and a DC-DC converter. The input impedance of this DC-DC converter can maintain constant even though the load resistance is changed. If we set the input impedance of the DC-DC converter equal to the optimum load of rectifier, the rectifier circuit can work at the maximum power point independent of the load resistance. We measured the designed RF-DC-DC circuit with a 2.45 GHz microwave power of 80 mW. The conversion efficiency of the RF-DC circuit along is over 80% in a wide range of load from 200 Ohm to 5000 Ohm, when it is connected to the DC-DC converter. Furthermore, the overall efficiency of the RF-DC-DC circuit is almost constant over 66% in this wide load range.
キーワード (和) 弱電レクテナ / DC-DCコンバータ / RF-DC変換効率 / RF-DC-DC回路 / / / /  
(英) low power rectenna / DC-DC converter / RF-DC conversion efficiency / RF-DC-DC circuit / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 365, MW2013-170, pp. 103-108, 2013年12月.
資料番号 MW2013-170 
発行日 2013-12-12 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2013-170 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2013-170

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2013-12-19 - 2013-12-20 
開催地(和) 埼玉大学 
開催地(英) Saitama Univ. 
テーマ(和) 学生研究会/マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies / Student 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2013-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DC-DCコンバータを用いて弱電レクテナの効率-負荷特性の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a DC Power-supply Circuit for a Low Power Rectenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 弱電レクテナ / low power rectenna  
キーワード(2)(和/英) DC-DCコンバータ / DC-DC converter  
キーワード(3)(和/英) RF-DC変換効率 / RF-DC conversion efficiency  
キーワード(4)(和/英) RF-DC-DC回路 / RF-DC-DC circuit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黄 勇 / Yong Huang / コウ ユウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 真毅 / Naoki Shinohara / シノハラ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 友彦 / Tomohiko Mitani / ミタニ トモヒコ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-20 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2013-170 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2013-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会