お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-20 15:20
アレーアンテナを活用したセンシング
洪 志勲大槻知明慶大SANE2013-112
抄録 (和) 本稿では, アレーアンテナを用いて人の行動や位置を推定するセンシングシステム (アレーセンサ)について紹介する. アレーセンサは, 受信機にアレーアンテナを用い(送信アンテナ数は任意), 受信信号ベクトルから信号部分空間を張る固有ベクトルと固有値を抽出し, それらを電波特徴量として用いられるセンサである. 信号固有ベクトルと固有値は, 雑音部分空間に直交するため, 雑音成分が含まれている受信信号強度 (RSS: Received Signal Strength) より雑音にロバストな特徴がある. また, 機械学習法に適用することで人の行動や位置の推定ができる. センサを身につける必要がないため, 侵入検知や見守り, 位置推定など様々なアプリケーションに適用できる. 
(英) In this report, we introduce a sensing system for activity recognition and localization using an antenna array, referred to as array sensor. The array sensor uses signal eigenvectors and its eigenvalues obtained from the antenna array that span the signal subspace as radio wave features. The signal eigenvectors and corresponding eigenvalues are robust to noise compared to other metrics such as received signal strength (RSS) since they are orthogonal to the noise subspace. The array sensor can be used to estimate activities and locations of humans using machine learning. The array sensor has potential applications such as intruder detection, elderly monitoring and localization, because it does not require persons being monitored to wear any sensors.
キーワード (和) センシング / 行動識別 / 位置推定 / デバイスフリー / アレーアンテナ / 機械学習 / アレーセンサ /  
(英) Sensing / Activity recognition / Localization / Device-free / Antenna array / Machine learning / Array sensor /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 367, SANE2013-112, pp. 31-36, 2013年12月.
資料番号 SANE2013-112 
発行日 2013-12-13 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2013-112

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2013-12-20 - 2013-12-20 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2013-12-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アレーアンテナを活用したセンシング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Use of Antenna Array in Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センシング / Sensing  
キーワード(2)(和/英) 行動識別 / Activity recognition  
キーワード(3)(和/英) 位置推定 / Localization  
キーワード(4)(和/英) デバイスフリー / Device-free  
キーワード(5)(和/英) アレーアンテナ / Antenna array  
キーワード(6)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(7)(和/英) アレーセンサ / Array sensor  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 洪 志勲 / Jihoon Hong / ホン ジフン
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-20 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2013-112 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.367 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2013-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会