電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-20 09:55
グラフの独立点集合遷移問題に対するアルゴリズム
エリック ドメインマーチン ドメインマサチューセッツ工科大)・伊藤健洋東北大)・小野廣隆九大)・○上原隆平北陸先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) グラフG に対し,|Ibj| = |Ir| であるような2 つの独立点集合Ib とIr が与えられたとする.また,G において,Ib に含まれる各点にはトークンが置かれているとする.スライディングトークン問題とは,Ib からIr へのGの独立点集合の系列が存在するか判定する問題である.ただし,系列に含まれる各独立点集合は,その1 つ前の独立点集合から,ただ1 つのトークンをG の辺に沿ってスライドさせることで得られなければならない.この問題は,理想グラフに対してPSPACE 完全であることが知られている.本論文では,理想グラフのいくつかの部分クラスに対して,この問題がO(n) 時間で解けることを示す.ここで,n はグラフの点数である.また,これらのグラフに対しては,実際にIb からIr へ遷移させる最短の系列を多項式時間で見つけることができる. 
(英) Suppose that we are given two independent sets Ib and Ir of a graph such that |Ibj| = |Ir|, and imagine that a token is placed on each vertex in Ib. Then, sliding token is to determine whether there exists a sequence of independent sets which transforms Ib into Ir so that each independent set in the sequence results from the previous one by sliding exactly one token along an edge in the graph. This problem is known to be PSPACE-complete for perfect graphs. In this paper, we show that the problem is solvable in O(n) time for proper interval graphs and trivially perfect graphs, both of which are subclasses of the class of perfect graphs, where n is the number of vertices in a graph. For these graph classes, we can nd an actual sequence of independent sets between Ib and Ir with the minimum number of token-slidings, in polynomial time.
キーワード (和) グラフアルゴリズム / スライディングトークン / 遷移問題 / 独立点集合 / / / /  
(英) graph algorithm / independent set / reconfiguration problem / sliding token / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 371, COMP2013-39, pp. 7-14, 2013年12月.
資料番号 COMP2013-39 
発行日 2013-12-13 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2013-12-20 - 2013-12-21 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2013-12-COMP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) グラフの独立点集合遷移問題に対するアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Algorithms for Independent Set Reconfiguration Problem on Graphs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グラフアルゴリズム / graph algorithm  
キーワード(2)(和/英) スライディングトークン / independent set  
キーワード(3)(和/英) 遷移問題 / reconfiguration problem  
キーワード(4)(和/英) 独立点集合 / sliding token  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) エリック ドメイン / Erik D. Demaine / エリック ドメイン
第1著者 所属(和/英) マサチューセッツ工科大学 (略称: マサチューセッツ工科大)
Massachusetts Institute of Technology (略称: Massachusetts Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) マーチン ドメイン / Martin L. Demaine / マーチン ドメイン
第2著者 所属(和/英) マサチューセッツ工科大学 (略称: マサチューセッツ工科大)
Massachusetts Institute of Technology (略称: Massachusetts Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 健洋 / Takehiro Ito / イトウ タケヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 廣隆 / Hirotaka Ono / オノ ヒロタカ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 隆平 / Ryuhei Uehara / ウエハラ リュウヘイ
第5著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-20 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2013-39 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.371 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-COMP-2013-12-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会