お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-19 09:00
拡散符号にM系列を用いた狭帯域化DS-CDM伝送の受信帯域制限フィルタの最適化検討
大山修毅太郎丸 真福岡大RCS2013-223
抄録 (和) スペクトラム拡散通信 (SS) であっても,周波数帯域を所定の帯域幅に抑える必要がある.筆者らはガウスフィルタで帯域制限した狭帯域化DS-SS伝送方式のEb/N0に対するビット誤り率(BER)の評価をし,帯域制限がないNRZパルスで拡散した時のマッチドフィルタ受信に比べ,Eb/N0が1dB程度の劣化となることを示した.しかしながら,ガウスフィルタはナイキストフィルタでなく符号間干渉が発生する.このため受信側のフィルタとして,同 一帯域幅のガウスフィルタと組み合わせた送受等分したマッチドフィルタが最適とは限らない.そこで本検討では,同伝送システムの受信側帯域制限フィルタの帯域幅を可変にしたときのBER特性を評価した. 
(英) Even when using spread spectrum (SS) modulation for a radio communication system, we have take into account the occupied frequency bandwidth due to the regulations or the standard it conforms to; therefore we have to bandlimit the SS transmission signal with a filter in some cases. We evaluated bit error rate (BER) performance due to additive white Gaussian
noise (AWGN) of the nallowbanded DS-SS transmission system using Gaussian filter. Our computer simulation showed that the BER performance was just 1dB degraded from that of NRZ-pulse spreading without bandlimitation. However, the matched filter for the bandlimiting Gaussian filter is not optimum for AWGN channel any more in this case because a Gaussian filter
causes intersymbol interference. It doesn't satisfy Nyquist first criterion. If we make the bandwidth of the filter at the receiver side a little wider than the matched filter, the ISI must be reduced and BER is expected to be reduced. In this study, we evaluated the BER performance and studied the effect of the bandwidth of the receiver side.
キーワード (和) 拡散符号 / M系列 / 相関関数 / DS-CDM / ガウスフィルタ / / /  
(英) Spreading code / M-sequence / Correlation coefficient / DS-CDM / Gaussian filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 361, RCS2013-223, pp. 101-105, 2013年12月.
資料番号 RCS2013-223 
発行日 2013-12-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-223

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2013-12-18 - 2013-12-20 
開催地(和) 高松市文化芸術ホール 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡散符号にM系列を用いた狭帯域化DS-CDM伝送の受信帯域制限フィルタの最適化検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Optimization of Reciever Filter of Nallowband DS-CDM Transmission System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 拡散符号 / Spreading code  
キーワード(2)(和/英) M系列 / M-sequence  
キーワード(3)(和/英) 相関関数 / Correlation coefficient  
キーワード(4)(和/英) DS-CDM / DS-CDM  
キーワード(5)(和/英) ガウスフィルタ / Gaussian filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 修毅 / Naoki Oyama / オオヤマ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太郎丸 真 / Makoto Taromaru / タロウマル マコト
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-19 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-223 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.101-105 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2013-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会