お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-19 16:15
和太鼓リズムのズレ修正のためのリアルタイム提示による一考察
工藤喬也松田浩一岩手県立大)・中里利則海鳴太鼓
抄録 (和) 本研究では,学習者にとって確認・修正の難しいリズム認識に着目し,リズムのズレ提示システムによるズレの変化を検証した.提示システムでは,学習者に対して演奏中に基準のリズムとのズレをリアルタイムに提示することができる.これにより演奏を行いながら自身のズレを認識し修正することが可能になると考えた.提示
方法として,ディスプレイにズレの方向と量に対応したグラデーションカラーを表示することで,演奏中でも直感的にズレの認識を行えるようにした.実験では,学習者にシステムを使用した場合,学習者にシステムを使用しない場合,従来の練習方法である上級者と叩く,の3 つの場面の比較を行った.その結果,ズレ提示システムを使用した方が,リズムのズレが減少する傾向がみられた.これにより,ズレ認識の支援を行えたと考える.また,上級者と叩いた場合でもズレが減少しており,ズレ提示システムは,従来の上級者と叩く練習のようなリズムの認識の支援機能を持つことが分かった. 
(英) In this paper, we examine the change of the deviation of rhythm in real time by using our system. Oursystem can indicate deviation on rhythm recognition. The deviation is defined as the time difference between the
reference rhythm and impact sound. A learner can recognize and correct the deviation of the rhythm whileperformance. The deviation is indicated by a gradient color that corresponds to the direction and amount of deviation
in the display. It allows the learner to recognize the deviation intuitively during the performance. In the experiment, we went a comparison of three methods. (1)use the system, (2)not use the system, (3) performance with senior. As a result, the deviation of rhythm was decreased using the system. Our system can support the rhythm deviation recognition and correction.
キーワード (和) 和太鼓 / リズムのズレ / 可視化 / / / / /  
(英) Japanese drum / rhythm / visualization / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2013-12-18 - 2013-12-20 
開催地(和) 松山市総合コミュニティセンター 
開催地(英) Matsuyama Multi-Purpose Community Cente 
テーマ(和) HCGシンポジウム2013 ~ 人々の生活を幸せで豊かにしていくICTとコミュニケーション ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2013-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 和太鼓リズムのズレ修正のためのリアルタイム提示による一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on correction of deviation for Japanese drum rhythm learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 和太鼓 / Japanese drum  
キーワード(2)(和/英) リズムのズレ / rhythm  
キーワード(3)(和/英) 可視化 / visualization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 喬也 / Takaya Kudo / クドウ タカヤ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
iwate prefectual University (略称: IPU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 浩一 / Koichi Matsuda / マツダ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
iwate prefectual University (略称: IPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 利則 / Toshinori Nakasato / ナカサト トシノリ
第3著者 所属(和/英) 岩手種市海鳴太鼓 (略称: 海鳴太鼓)
Iwate Taneichi Uminari JapaneseDrum Group (略称: Uminari Drum Group)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-19 16:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会