お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-19 10:50
Many to One Transport Capacity of Orthogonal Wireless Sensor Networks based on I-MMSE
Ajib Setyo ArifinTomoaki OhtsukiKeio Univ.RCS2013-227
抄録 (和) In this report, we investigate the properties of data gathering in wireless
sensor networks, in terms of both capacity and power allocation strategy. We
consider a scenario in which a number of sensors observe a target being
estimated at fusion center (FC) using minimum mean-square error (MMSE)
estimator. Based on the relationship between mutual information and
MMSE (I-MMSE), we derive the capacity of data gathering in
orthogonal multiple access channel (MAC) model. Considering power
constraint, we derive the capacity under two scenarios: equal power allocation and optimal power allocation. We also provide the upper bound of capacity as a benchmark. We show in the simulation that the optimal method outperforms the equal power method. Particularly, the optimal power method has more benefit than the equal power method when it is applied with the limited power budget. The optimal power method can also be used for conserving the energy of the sensors and extending sensor's lifetime. 
(英) In this report, we investigate the properties of data gathering in wireless
sensor networks, in terms of both capacity and power allocation strategy. We
consider a scenario in which a number of sensors observe a target being
estimated at fusion center (FC) using minimum mean-square error (MMSE)
estimator. Based on the relationship between mutual information and
MMSE (I-MMSE), we derive the capacity of data gathering in
orthogonal multiple access channel (MAC) model. Considering power
constraint, we derive the capacity under two scenarios: equal power allocation and optimal power allocation. We also provide the upper bound of capacity as a benchmark. We show in the simulation that the optimal method outperforms the equal power method. Particularly, the optimal power method has more benefit than the equal power method when it is applied with the limited power budget. The optimal power method can also be used for conserving the energy of the sensors and extending sensor's lifetime.
キーワード (和) Capacity of data gathering / estimation / power constraint / orthogonal multiple access channel (MAC) / / / /  
(英) Capacity of data gathering / estimation / power constraint / orthogonal multiple access channel (MAC) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 361, RCS2013-227, pp. 125-129, 2013年12月.
資料番号 RCS2013-227 
発行日 2013-12-11 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2013-227

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2013-12-18 - 2013-12-20 
開催地(和) 高松市文化芸術ホール 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-12-RCS-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Many to One Transport Capacity of Orthogonal Wireless Sensor Networks based on I-MMSE 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Capacity of data gathering / Capacity of data gathering  
キーワード(2)(和/英) estimation / estimation  
キーワード(3)(和/英) power constraint / power constraint  
キーワード(4)(和/英) orthogonal multiple access channel (MAC) / orthogonal multiple access channel (MAC)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Ajib Setyo Arifin / Ajib Setyo Arifin /
第1著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomoaki Ohtsuki / Tomoaki Ohtsuki /
第2著者 所属(和/英) Keio University (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-19 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2013-227 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.125-129 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2013-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会