電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-19 14:30
訪問リハビリテーションのための歩行リハビリテーションシステムにおける坂道歩行提示手法
矢野博明筑波大)・田中直樹斉藤秀之筑波記念病院)・岩田洋夫筑波大
抄録 (和) 訪問リハビリテーションでの歩行リハビリテーションにおいて、坂道歩行練習が可能な小型リハビリテーションシステムを開発した。本システムは直動アクチュエータを組み合わせて前後上下の2自由度の軌跡を、システムに搭乗しているユーザのそれぞれの足に提示可能である。このとき床面を坂道の傾斜に合わせて傾斜させなくても坂道を歩行しているような感覚が得られることがわかった。傾斜面を提示した場合との違いについて実験を通して検証した。 
(英) This paper describes a development of a gait rehabilitation system for acclivity walking training in home visit rehabilitation. The system consists of a manipulator for each leg. The manipulator can move a user's leg back-and-forth and up-and-down. The end effector of the manipulator is a small step, which is kept in horizontal. By moving the end effector along with a trajectory of healthy individual's step motion, the user can feel as if he/she climbs up/down a slope, even though the step is kept in horizontal. Through comparison of subjects' status during walking on a slope display and our system, the effectiveness of the system is confirmed.
キーワード (和) 訪問リハビリテーション / 歩行リハビリテーション / 坂道歩行 / 傾斜面提示 / / / /  
(英) Home Visit Rehabilitation / Gait Rehabilitation / Acclivity Walking / Slant Display / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2013-12-18 - 2013-12-20 
開催地(和) 松山市総合コミュニティセンター 
開催地(英) Matsuyama Multi-Purpose Community Cente 
テーマ(和) HCGシンポジウム2013 ~ 人々の生活を幸せで豊かにしていくICTとコミュニケーション ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2013-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 訪問リハビリテーションのための歩行リハビリテーションシステムにおける坂道歩行提示手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acclivity Rendering Method with Gait Rehabilitation System for Home Visit Rehabilitation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 訪問リハビリテーション / Home Visit Rehabilitation  
キーワード(2)(和/英) 歩行リハビリテーション / Gait Rehabilitation  
キーワード(3)(和/英) 坂道歩行 / Acclivity Walking  
キーワード(4)(和/英) 傾斜面提示 / Slant Display  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 博明 / Hiroaki Yano / ヤノ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 直樹 / Naoki Tanaka / タナカ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 筑波記念病院 (略称: 筑波記念病院)
Tsukuba Memorial Hospital (略称: Tsukuba Memorial Hospital)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 秀之 / Hideyuki Saito / サイトウ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 筑波記念病院 (略称: 筑波記念病院)
Tsukuba Memorial Hospital (略称: Tsukuba Memorial Hospital)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 洋夫 / Hiroo Iwata / イワタ ヒロオ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-19 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会