お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-19 14:25
情報システムの省電力化を実現する次世代ネットワーク管理技術の研究開発 (1) ~ プロジェクトのビジョンと全体概要 ~
白鳥則郎中村直毅和泉 諭東北大)・角田 裕松田勝敬東北工大)・太田耕平サイバー・ソリューションズ)・石垣正裕東北大)・稲葉 勉小笠原孝志NTT東日本)・菅沼拓夫東北大)・キニ グレン マンスフィールドサイバー・ソリューションズIN2013-102
抄録 (和) 本稿では,総務省:ICTグリーンイノベーション推進事業(SCOPE (旧PREDICT))の一環として推進している「情報システムの省電力化を実現する次世代ネットワーク管理技術の研究開発」のビジョンと成果の概要について報告する.ネットワーク管理機能を応用し,スマートタップ等の特別な機器を用いずにネットワーク全体を省電力化する「グリーン指向ネットワーク管理技術」を提案し,その実現のために無駄の見える化技術,無駄削減の自律化技術を開発.IETFにおいてG-MIBの国際標準化を目指し,2012年より5回参加し,提案・改良を続けている. 
(英) We have been promoted research and development under the support of the Green ICT Innovation Promotion (PREDICT) of Ministry of Internal Affairs and Communications for the duration of 2011 to 2014. This paper reports vision and achievement of our project. In this project, we propose a Green-oriented Network Management Technology to realize an energy-saving network system without using power consumption monitoring devices such as a power meter. To realize it, we develop visualization of waste and autonomy of waste reduction. We also aim to standard G-MIB in IETF. We have participated IETF meeting 5 times to discuss our G-MIB since 2012.
キーワード (和) 省電力化 / ネットワーク管理技術 / 自律化 / 見える化 / IETFにおける国際標準化 / / /  
(英) Green ICT / Network management technology / Autonomy / Visualization / Standardization in IETF / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 363, IN2013-102, pp. 19-24, 2013年12月.
資料番号 IN2013-102 
発行日 2013-12-12 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2013-102

研究会情報
研究会 IN IA  
開催期間 2013-12-19 - 2013-12-20 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City Univ. 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-12-IN-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報システムの省電力化を実現する次世代ネットワーク管理技術の研究開発 (1) 
サブタイトル(和) プロジェクトのビジョンと全体概要 
タイトル(英) Research and Development of Next Generation Network Management Technology for Energy Efficient Information Systems (1) 
サブタイトル(英) Project Vision and Overview 
キーワード(1)(和/英) 省電力化 / Green ICT  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク管理技術 / Network management technology  
キーワード(3)(和/英) 自律化 / Autonomy  
キーワード(4)(和/英) 見える化 / Visualization  
キーワード(5)(和/英) IETFにおける国際標準化 / Standardization in IETF  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白鳥 則郎 / Norio Shiratori / シラトリ ノリオ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 直毅 / Naoki Nakamura / ナカムラ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 諭 / Satoru Izumi / イズミ サトル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 裕 / Hiroshi Tsunoda / ツノダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 東北工業大学 (略称: 東北工大)
Tohoku Institute of Technology (略称: Tohoku Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 勝敬 / Masahiro Matsuda / マツダ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 東北工業大学 (略称: 東北工大)
Tohoku Institute of Technology (略称: Tohoku Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 耕平 / Kohei Ohta / オオタ コウヘイ
第6著者 所属(和/英) 株式会社サイバー・ソリューションズ (略称: サイバー・ソリューションズ)
Cyber Solutions Inc. (略称: Cyber Solutions Inc.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 石垣 正裕 / Masahiro Ishigaki / イシガキ マサヒロ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 勉 / Tsutomu Inaba / イナバ ツトム
第8著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
Nippon Telegraph and Telephone EAST Corporation (略称: NTT EAST)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 孝志 / Takashi Ogasawara / オガサワラ タカシ
第9著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
Nippon Telegraph and Telephone EAST Corporation (略称: NTT EAST)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 拓夫 / Takuo Suganuma / スガヌマ タクオ
第10著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) キニ グレン マンスフィールド / Glenn Mansfield Keeni / キニ グレン マンスフィールド
第11著者 所属(和/英) 株式会社サイバー・ソリューションズ (略称: サイバー・ソリューションズ)
Cyber Solutions Inc. (略称: Cyber Solutions Inc.)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-19 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2013-102 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.363 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会